《500年間の白人支配の世界秩序を覆した意義》

私は欧米白人国家と特亜の国ども、一部の日本人が、極東国際軍事裁判所(所謂 東京裁判)という私刑で結論づけられた、我が日本を侵略国家とする史観に、強い違和感を感じる。世界史を俯瞰すると、有色人種国家を侵略し尽くそうとした、白人列強による植民地主義を根本から覆した日本人の偉業を誇らしく思わずにはいられない。

大航海時代の欧州白人国家は、戦う意思もない平和的な有色人種国家を次々と侵略し、時としてこの地球上から滅亡させてきた。白人たちは滅亡させないまでも殆んどの国々を植民地化し、現住民を人間としてすら扱ってこなかった。米国は誇り高く、奴隷に適さないアメリカ・インディアンを皆殺しにして、比較的素直に隷従する黒人奴隷をモノ・家畜であるかの様に調達した。

今、チャイナと呼ばれる大陸国家では、古代より近隣諸国を滅ぼしたり、滅ぼされたり、王朝が代わる度に、前王朝の血縁を皆殺しにして、墓まで破壊して前王朝を否定する易姓革命を繰り返してきた。朝鮮半島一帯に至っては、満足な国家すら生まれなかった。最終的に辛うじて国家の体を成した李氏朝鮮は、日本に〈植民地支配〉されたのではなく、国際法に基づいて平和的に日本に併合され、そこで初めて文明に触れた。朝鮮人たちは自らの意思で大日本帝國に4度も併合を懇願した事を忘れている。

こうした歴史的事実を一切無視した上で、彼等に「侵略国家・人道に反する罪」とやらで断罪される謂れは日本にはない。正しい歴史を捻じ曲げ、捏造した歴史で糊塗しておいて、「歴史修正主義は悪だ」もへったくれもないではないか。

裁かれるべきは、有色人種国家を悉(ことごと)く毒牙にかけて植民地支配を続けた、欧米列強国家である。自ら為してきた罪深い歴史を不問に付して、日本を裁くなど、嘘の上塗りでしかない。正式な裁判なら進んで受けようが、東京裁判が裁判を模した茶番である事は、日本の学術界では既に立証済みである。何れは世界中で真実の歴史が証明されるだろう。

ここで真実の歴史を少しだけ俯瞰してみよう。

1519年にエルナン・コルテス率いるスペイン人が到来した時点で、アステカ王国の支配は約20万㎢ に及び首都テノチティトランの人口は数十万人に達し、当時、世界最大級の都市であった。中心部には神殿や宮殿が立ち並び市もたって大いに繁栄した。1521年8月13日、コルテスはクアウテモク王を捕らえアステカを滅ぼした。

インカ帝国は、1533年にスペイン人のコンキスタドール達に滅ぼされた。南アメリカのペルー、ボリビア、エクアドルを中心にケチュア族が作った国で、首都はクスコだった。最盛期には、80の民族と1,600万人の人口をかかえ、現在のチリ北部から中部、アルゼンチン北西部、コロンビア南部にまで広がっていた。

1492年、アメリカ大陸の発見。疲れ果てて到着した入植者を待っていたのは、餓えと厳しい冬であった。平和的な先住民(アメリカ・インディアン)は食物とその栽培方法を入植者たちに教えた。お陰で多くの入植者は厳しい冬を無事に越せた。そして押し寄せた白人たちはアメリカ・インディアンを殆んど絶滅させてしまった。白人の中でも特にイギリス人は残虐だった。

鉄砲や大砲で武装した騎兵隊を組織して、インディアンを駆逐し始めた。土地を取り上げ東の部族を西に追いやった。西に金が出ると西からもインディアンを追い出した。開拓に邪魔なインディアンは徹底的に虐げられた。

サンドクリークの虐殺は、1864年11月29日にアメリカのコロラド地方で、白人たちが無抵抗のシャイアン族とアラパホー族インディアンの村に対して行なった、無差別虐殺である。白人たちは相手が有色人種である場合、平然と、何回でも、無差別殺戮を繰り返す歴史を持っている。

コロラド州ではこの虐殺に先駆けて、白人の大集会が開かれ、有志の寄付によって「インディアンの頭の皮の買い取り資金」として5000ドルが集まった。「耳まで付いている頭の皮」なら、25ドルの高額な賞金が設定された。金鉱に群がった無法者どもにとって、周辺のインディアンはフロンティアの障害に過ぎなかった。「白人が野蛮と決めつけた平和を好むインディアンの絶滅」は、入植者の悲願であった。

昔の西部劇映画では、野蛮なインディアンが、罪もない白人の牧場を襲い、白人の頭の皮を剥いだが、真実は逆であったのだ。我々日本人は西部劇に騙されていたのだ。奴隷解放で有名な『リンカーン大統領も、インディアンの頭の皮の買取価格を許可する書類に署名』している。

米国は2000万人〜6000万人のアメリカ・インディアンを殺戮、ほぼ殲滅した。現在、アメリカ合衆国に生存しているアメリカ・インディアンは精々300万人程度である。米国はアメリカ・インディアンの代わりに1600万人の〈強制連行〉されてきた黒人奴隷を家畜の如く使役して栄えた。黒人差別は現在も根深く続いている。今年も白人警官が無抵抗な黒人を何人も射殺して暴動が起きている。それが米国である。

1494年6月7日スペイン、ポルトガル間に締結された『トルデシリャス条約』。1493年ローマ教皇アレクサンデル6世は、スペイン、ポルトガル間の植民活動を調整する為、ベルデ岬諸島の西 100レグア (約 500km) の子午線を境界線として、西方をスペイン、東方をポルトガルの活動領域とした (教皇の子午線 ) 。

スペインとポルトガル2国で世界を東西分割しようとする条約だ。これが1500年発見のブラジルをポルトガル領とする根拠となった。勿論、ブラジルの住民の意見など聞いていない。

今、中共が提案している「太平洋2分割統治」は『トルデシリャス条約』を彷彿とさせる。「アメリカは満更でもないようだ。アメリカ人は同じ過ちを何度でも繰り返す。繰り返すのは反省していない証拠だ。アメリカと中共は、身勝手・残虐という共通項を持っている。歴史的に見て、案外いいコンビであろう。

『ベルリン会議』は、1884年11月15日から1885年2月26日までドイツ帝国の首都ベルリンで開催された国際会議。列強のコンゴ植民地化をめぐる対立の収拾が図られるとともに、列強による「アフリカ分割」の原則が確認された。

参加国は、イギリス、ドイツ帝国、オーストリア、ベルギー、デンマーク、スペイン、アメリカ合衆国、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、ロシア帝国、スウェーデン、オスマン帝国の計14ヶ国。この会議を契機として列強のアフリカ分割は本格化し、列強間の調整を通じた〈地図上での植民地分割〉が行なわれた。

これもアフリカ人の意見などお構い無しで、14ヶ国が勝手に相談してアフリカ大陸の地図に定規を当てて、国境線を引いた。アフリカ諸国に内紛が絶えないのは、部族間の境界線を無視して国境線を確定した白人の所為である。

オーストラリアでは、アボリジニ殺しは20世紀に入っても続き、ニューサウスウェールズ州立図書館に残された資料には、1927年の日付で「今日の収穫アボリジニ17匹」とある。当時は日曜日に皆でアボリジニ狩りを楽しんでいた。

アメリカは大東亜戦争に於いて、有色人種国家である日本に、都市部への絨毯爆撃、原子爆弾2発の実験投下で一瞬にして数十万人を大焼殺・大爆殺し、スペインからフィリピンを奪うと独立の約束を反故にして20万人を殺戮した。

以上、白人列強国家の為してきた大罪の一部を紹介した。大東亜戦争の戦勝国に日本の罪を追及する資格など全く無いのだ。彼等こそが「侵略者」で「人道に悖る罪を重ねてきた」裁かれるべき民族なのである。

敗戦はしたが、大東亜戦争は白人たちが〈所有〉していた植民地の殆んどを、現地に住む本来の住民に、独立という自由を取り戻すという尊い結果を齎(もたら)した。一方、日本は米国に完膚無きまでに破壊され、大量殺戮され、敗戦し、国を失ないかけた。併し、もしこの地球上に「日本」という国と「日本人の勇気と尊い犠牲」が無かったら、今の世界は旧態依然とした〈白人支配〉の人種差別の激しい世界のままであっただろう。

日本は力及ばず敗戦してしまった。起きてしまった過去の出来事はやり直しがきかない。併し、歴史の真実を識る事で、「過去を教訓として過ちを繰り返さない知恵」を人類は学ぶべきだ。真実を識れば知るほど、中共・韓国の如きが「歴史を鑑とせよ」と、言葉の意味も重さも分からず、日本に対して尊大ぶるのは滑稽としか言いようが無い。