《 朝鮮民族とは関わり合いにならない事が何より大切。彼等との友好など有り得ない。》

韓国人の現在進行形の暴虐を、どれだけの日本人が肌身で感じ、理解しているだろうか? 竹島が日本固有の領土なのは数々の証拠により揺るぎないものなのに、韓国に武力占領されたままで日本政府には手も足も出ない。日本海ではカニの漁場が韓国の漁船に荒らされまくり、水産資源が激減している。韓国の武装スリ団、犯罪集団によって日本で日本人が多くの被害を受けている。韓国の婦女暴行(レイプ)発生率は事実上世界第一位である。 

こういう情報を米国務省は韓国への米国人渡航者に警告しているが、日本の外務省は日本人の韓国への渡航者に警告を出した事は無い。左翼とは言わないまでも決して少数派ではない似非平和主義者たちは「韓国と仲良くすればいい」などと軽口を叩く。その結果、韓国旅行に行った日本女性が日本女性故にレイプされる現実がある。ホテルの支配人や従業員が合鍵を使って日本女性をレイプする事件が頻発している。韓国の暴行発生件数は日本の100倍近くに達する。(日本に帰化された呉善花氏は強姦認知件数40倍と書いている)

日本での韓国人による犯罪は国籍別検挙件数第2位、不法残留は第1位である。韓国人は海外で悪い事をして捕まった時などに直ぐ日本人の振りをする。韓国人はベトナム戦争に参戦した時に、ベトナム人に対して虐殺やレイプをしまくった。韓国は、日本や世界の文化やモノ(剣道、柔道、サムライ、寿司、生け花、茶道、和紙、サッカー、キティーちゃん、ドラえもん等、数え挙げたらキリがない)を自分たちが最初につくったと捏造している。

北朝鮮は、日本の偽札を作り、麻薬を製造・密輸している。阪神淡路大震災・東北大震災が起こった時に韓国人は『いい気味だ』『天罰だ』と言って喜んだ。原爆投下さえも韓国人は天罰だと喜んだ。東京オリンピック招致に対して韓国政府は最後まで徹底的に妨害した。

上述した事は誹謗中傷では無く、全て事実である。ただ、淡々と事実を書いただけである。

朝鮮と日本に注目していると一つの事が見えてくる。それは韓国・北朝鮮や在日に都合の良いニュースは報道されて、韓国・北朝鮮や在日に都合の悪いニュースは有耶無耶にされる、という事だ。実際、在日による犯罪はほぼ全て通名報道され、殆んどの日本人は日本人の犯罪と認識している。そして韓国では〈親日が法律で罪と規定されている〉事を報道するマスメディアは皆無である。

2002年日韓ワールドカップの時のTVや新聞などのマスメディアも明らかにおかしな報道をしていた。何故かやたらと韓国を持ち上げる報道ばかりだった。日韓友好を叫んでいるのは日本のマスメディアばかりで、韓国では日本がゴールを決めるとブーイングの嵐、日本が相手にゴールされるたびに拍手や歓声が沸き起こっていた。

韓国は開会式の時にわざと赤の部分が異様に大きい日の丸(韓国では生理用のナプキンの意味)の旗を使った嫌がらせをしていたが、その事に日本人は誰も気付かず、在日が多い日本のマスメディアは一切触れなかった。今、垂れ流されているソフトバンクの犬のCMと一緒である。朝鮮民族の悪意を日本のマスメディアは決して報じない。

私は、サッカーに限らず、スポーツの日韓戦でアナウンサーが必ず遣う「永遠のライバル」という表現ほど現実に即していない言葉は無いと思っている。韓国人が日本をライバル視するのは勝手だが、日本人は韓国をライバルだなどと考えてはいない。特にサッカーでは、日本人は韓国の事を、汚い相手、故意に乱暴な相手、審判団を買収している可能性の高い汚い相手、としか考えていない。

韓国・北朝鮮や在日に関しての報道の信憑性は、日本のマスメディアは全く信用出来ない。自分で疑問を持ち、考え、知ろうとする事が大事である。残念な事に言論の自由が保証されている筈の日本でも、ネットの世界で急激に、自由に情報を発信したり、得たりする事が出来なくなっている。ブログなども記事が勝手に削除される事があるが、先月あたりからFacebookは完全に韓国朝鮮人に都合が悪い投稿は徹底的に監視・検閲され、過去に遡って削除され、投稿者のアカウントは停止処分を受ける。韓国という国と在日韓国朝鮮人たちが過去に犯した凶悪犯罪は歴史の闇に葬られつつある。

日本政府自体が、韓国という国の邪悪さを隠し立てしているからいけないのだが、未だに「日本は過去に悪い事をした、韓国・北朝鮮人に謝罪と賠償をするべきだ」と考えている日本人はもっと自分の頭で考えるべきだ。

何故、今でも韓国人は不法入国までして(日本への不法入国者数第一位)日本に入って来るのだろうか? 何故、旧日本軍が占領した韓国以外の国で日本に好意を持ってくれている人達が多勢いるのか? 何故、日韓併合によって朝鮮が急激に発展し、生活が向上し、人口が急激に増加したのか? もし韓国人が言うように植民地にして酷い搾取をしたのならこんな事が起こる訳が無い。日本は鉄道を敷き、道路を整え、港をつくり、学校に通えなかった子供達を学校に通わせ、上下水道を作り朝鮮を発展させたのは事実である。

1897年イザべラ・バード著『朝鮮紀行』(1998年講談社学術文庫)によると、そのころの朝鮮は首都でさえお粗末で、住民は地べたに暮らし、路地は狭く、家々からでる汚物を受ける穴か溝で狭められている。悪臭を放つその穴や溝の横に好んで集まるのが、土ぼこりに塗れた半裸の子供たちである。…当時の朝鮮の庶民はさながら未開土人の様な暮らしをしていた。

朝鮮は1200年もの間、何ひとつ発展せず、落ちるところまで落ちぶれて、そのまま行けば清(支那)かロシアの植民地となって、奴隷のようにこき使われるところだった。他国に支配されていなくとも当時の朝鮮人の30%は奴隷であった。朝鮮の人達はそんな悲惨な状況で暮らすよりも、日本人になり、一等国民として日本人と同じ権利を得て今よりも何倍も良い生活を送れる方を自ら望んだのである。

日韓併合は朝鮮の利害と欧米の植民地にされないように、アジアが一体となって対抗しようという日本の利害が一致した結果である。当時の朝鮮は支那の属国で国が腐敗しきって滅亡寸前、人々の生活水準は劣悪でものすごい差別主義国だった。そんな朝鮮に鉄道や上下水道を造ったり、身分差別で名前も持てない朝鮮人達に名前をつけてあげたりした。今の韓国人が言うように、日本名を強制したのでなく、日本名をつけても良いと許可してあげたのである。学校を作って朝鮮語(ハングル)を教えてあげたのも日本人である。朝鮮人が行なっていた残虐な刑を禁止したり、とにかく朝鮮を少しでも真面な国にして共に欧米列強に対抗しようとしたのが日本なのである。

日本は朝鮮を差別するどころか、日本人と同じ権利を朝鮮人に与えたのである。日本人より優遇した場合もある。日本と朝鮮は同じ『日本』という国になって欧米諸国の植民地にされない為に一緒に頑張ってきたというのが真実である。

一緒に力を合わせて頑張った日本と朝鮮なのに、何故、韓国・北朝鮮の人達は日本の事を悪く言うのか? という疑問が湧く。その答えは韓国・北朝鮮に注目している人なら理解出来るだろう。それは、韓国・北朝鮮の人の民族的特質であるからだ。例えば、今、北朝鮮がどんなに無茶苦茶な国か皆が知っている。韓国・北朝鮮に注目している人なら『韓国も北朝鮮も同じだ』という事が容易に理解できる筈だ。

彼らは自分の立場が不利になった時、いつも『何々のせいだ、何々が悪い』、『誰々に無理矢理やらされた』と他人のせいにする。朝鮮民族はいつも自分が加害者であるのに、絶対にそれを認めようとせず、自分たちは被害者であると主張する。それが朝鮮民族の特性なのである。

そして凡ゆる事に対して『不正と捏造』をするのも彼らの特徴である。日本が朝鮮を併合している時は、日本がアジアで唯一欧米に立ち向かえる強い国だったので、彼らは日本に恭順の姿勢を示した。併し、日本が戦争に負けた時、彼らは豹変し、全ての責任を日本に押し付けたのである。自分たちの国は日本ではないから戦勝国だ、賠償金を寄越せとまで言ってきた。そして実際に竹島を略奪し、拿捕・殺傷・拉致した漁民を人質にして多額の資金を日本から脅し取った。

韓国・北朝鮮が反日教育、反日政策を始める前から、彼らの性格は変わっていない。朝鮮民族とは真の友好関係を築くのは無理なのである。だから、彼らとは関わり合いにならないに限るのである。

彼らの捏造や不正は止まる事を知らない。併し、国際社会では〈黙っている事 = 認める事〉となる。振りかかる火の粉は自分の力で払わなければならない。今の日本のように「事を荒立てなければ、何れ嵐は通り過ぎる」という姿勢は「国際社会では通用しない」という事を日本人は知るべきである。これは、ほんの100年間の歴史を顧みれば歴然と分かる事である。況んや、「あなた方の言う事を認めて謝罪するから、もうこの件では騒がないでください」とばかりに結んだ『日韓合意』は、先人、英霊の顔に泥を塗っただけで、何の解決にもなりはしないだろう。所謂 保守層に人気抜群の安倍晋三首相は、村山富市氏・河野洋平氏以上の売国行為を為したのである。