《 Change.org日本代表はハリス鈴木絵美氏である。司会の関口宏氏(妻は元在日歌手の西田佐知子さん)を筆頭に滑稽なほど反日主義的なテレビ番組、TBSの「サンデーモーニング」の常連コメンテーターでもある 》

Change.orgは、慈善活動や社会を変える為の様々なキャンペーンへのオンライン署名収集および届け出を中心とした社会変革活動支援を業務に含む社会的企業、およびウェブサイトである。「Bコーポレーション」(英語版)として認証された営利法人としてデラウェア州にて登記されている Change.org, Inc. が運営する。

(デラウェア州は登記が簡単な事で有名だ。昔、日本では株式会社を立ち上げる時に大金を要した時代があったが、デラウェア州では、書類審査と5万円で株式会社を登記できた。)

Change.org, Inc. には、アムネスティ・インターナショナルや動物愛護協会(英語版)といった団体が請願活動を主催する為のサイトを置いている。「社会を変える為のキャンペーンに参加し、やり遂げる為に全ての人に権利を与え、どこからでも始められるようにする。」事や、加えて「月1000件もの各問題に於いて100万もの人々がChange.orgで署名する事で地域的に世界的に変える為に毎日キャンペーンをやり遂げる。」事を目的としている。…そうだ。

ウェブサイトではアムネスティ・インターナショナルのような唱道団体による現在進行中のスポンサードキャンペーンによって収益を生み出して、また【提携団体に向けてリストを作成するサービス】を行なっている。

特定・限定された条件の下においては、【サインやメール・アドレスを含む他の私的な情報が検索エンジンに拾われる事がある。】Change.org は、Change.org にアカウントを有する利用者のサインを秘匿するシステムを運用しているが、そのシステムは、【サインが偽造された場合や、Change.org が運営する別のサイトである PetitionOnline にサインが表記された場合には、機能しない。】

Change.org が【ドメインの末尾に、営利の為の企業でありながら、商用を意味する「コマーシャル」の略である「.com」でなく、「.org」を使用している】、という事実を巡って議論や批判が為されている。サイトが【人々を請願へサインさせる事について経済的な動機を有する営利の存在】である、という【事実を隠して利用者を騙している】、として非難されている。

Change.org は、「change.org」という名称を使用すること自体により、【計画的に誤認させている】。【Change.org が営利を目的とした法人であるという事や、その法人が利用者から提供された連絡先の情報を収入を得る為に使う事を計画している】という事を、change.org の平均的な利用者は知らないだろう。

Change.org日本代表はハリス鈴木絵美氏である。司会の関口宏氏(妻は元在日歌手の西田佐知子さん)を筆頭に滑稽なほど反日主義的なテレビ番組、TBSの「サンデーモーニング」の常連コメンテーターでもある。サンデーモーニングの制作会社は「スタッフ東京」で、パチンコチェーン「タイガー」を経営する「東洋コンツェルン」のグループ会社だ。東洋コンツェルンは朝鮮人が経営するパチンコ企業で北朝鮮へ闇送金していた疑惑も浮上している。

この番組は、2003年11月2日の放送で、当時東京都知事の石原慎太郎氏の「私は日韓合併を100%正当化するつもりはないが、(以下略)」という発言に「私は日韓合併を100%正当化するつもりだ」という正反対のテロップをつけ、音声・映像もテロップに合わせるように「…つもりは…」を切って編集し、放送した。コメンテーター達もその映像、テロップに沿って都知事を批判した。後に石原都知事に刑事告訴されている。

また、2004年月9日に放送されたイラク邦人人質事件に関するインタビューでは、7人中6人が「自衛隊を撤退せよ」「そもそも派遣が間違い」といった返答で、「脅迫に屈してはならない」は一人だけであった。典型的な反日左翼の作為的番組づくりである。

ハリス鈴木絵美氏は高校まで日本で育ち、米イェール大学に進学。卒業後はマッキンゼー&カンパニー、〈オバマキャンペーン〉で経験を積み、ソーシャルインキュベーター企業Purposeの立ち上げに参画、同サービスの成長に貢献。2012年7月に日本に帰国後、現職。Change.org は、「変えたい」気持ちを形にするソーシャル・プラットフォーム。現在、誰でも無料で署名キャンペーンを発信し、声を集められるサービスを提供。現在メンバーは世界中で4,000万人に登り、毎月約200万人ずつ増加中。〈環境〉や健康、 〈人権〉や〈社会正義〉など多岐に渡るキャンペーンが毎月約1万5000件立ち上げられ、世界中の人々に発信されている。…そうだ。

Change.org は相手を想定して、喜びそうな「署名活動」を数限りなく創出する。例えば、一人の右傾化した人物が喰いつけば、あとは自動的に右傾化した人物のリストが集まる仕組みだ。非営利団体に成りすました営利団体という事は、そのリストをカネに変えているという事だろう。集まった署名がどう活用(処理)されたかまでは誰も気に留めない。署名は集めっぱなしで、実際には何ひとつ結果を出していないのだから無責任極まりない組織である。

Change.org 利用時に相手先アドレスを設定した場合、相手に膨大な数のメールが行く事になる。署名した方がコメントを入力した場合、コメント1つが1通のメールとなって相手に届くからだ。コメント入力が1000あれば、1000通のメールが相手に届く。

以上述べた事実が示すように、Change.org は、左翼が運営する情報収集&迷惑ツールである可能性が極めて高い。各個人が利用するのは勝手だが、私に送るのだけは、ご遠慮願いたい。