《南京大虐殺 を「事実」と誤解している多くの日本人を生み出しているのは、他ならぬ日本政府である!》

中国共産党が盛んに喧伝して来た「南京大虐殺」について「実際に有った」または、30万人という人数は信じられないが「それに類する事件はあった」と信じている日本人は多い。何しろ「南京大虐殺30万人」を世界記憶遺産に登録してしまったUNESCOに対する抗議で、我が国の官房長官である菅義偉氏が「30万人は多過ぎるが南京で事件があった事は認識している」と公式の場で発言してしまったのである。普通の日本人が「南京大虐殺」を史実と認識してしまうのは当然である。

失言の少ない安定感抜群の菅官房長官であるが、肝心なところで決定的な失言をしてくれたものだ。否、そもそも安倍政権に所謂「南京大虐殺」に関する統一見解というものがあるのだろうか? 本気で抗議するのなら日本政府内で統一見解を決めておく必要があった。UNESCOへの分担金拠出をストップしても後の祭りである。

所謂「南京大虐殺」は極東国際軍事裁判、所謂 東京裁判に於いて唐突に出てきた「冤罪」であるが、欧米、特に米国に「歴史修正主義者」とレッテルを貼られるのを極端に恐れる安倍晋三首相に所謂「南京大虐殺」など無かったと公式に発言する勇気は無いだろう。いや、安倍首相はそういう賭けには出ないだろう。従って、如何に「南京大虐殺」を否定する確かな証拠があり、それに基づく一定の勢力が存在しようとも日本政府は所謂「南京大虐殺」肯定派なのだ。

だとすればUNESCOに抗議などしない事だ。「『南京大虐殺』はあった。併し、日本軍は30万人も虐殺していない。精々2万人か4万人だ。」などという弁解は国際社会には通用しない。「虐殺の犠牲者数が2万人か4万人なら許されるのか?」「1万人なら、5000人なら許されるのか?」という反論が聞こえてくる様だ。

日本政府はいつも同じ誤ちを繰り返す。決して過去に学ぼうとしない。反論の糸口を数の問題に求めては駄目だという事に何故、考えが及ばないのだろうか? 「捏造性奴隷」問題で韓国に責められた時も、問題の本質を否定せずに慰安婦の人数がどうのこうの、強制性がどうのこうのと言い訳しているうちに、とうとう「朝鮮人少女を20万人も組織的に強制連行して、天皇のプレゼントとして強姦した」事にされてしまった。あの時、慰安婦は「民間の公募高給売春婦」だと数々の証拠と共に明確に突っ撥ねていれば、あの醜い少女像など設置されないで済んだだろう。

万一、そんな物を造られてソウルの日本大使館の正面に設置されたら、駐韓日本大使を即座に召還すれば、韓国は慌てて醜い少女像を撤去した筈である。撤去するまで大使を戻さなければいい。政府が日本企業にも協力を求め、工業製品の輸出を止め、石油輸入の仲介も止めるという動きを見たら韓国は血相を変えて日本に謝罪しただろう。韓国人は弱者には高圧的かつ残忍になり、強者には卑屈に振る舞う。だから今まで日本には何をやっても許されると韓国政府に勘違いをさせているのは、他ならぬ歴代自民党政権なのだ。

尤も、安倍政権に米国が中心となって行なわれた「極東国際軍事裁判」て提起された「南京大虐殺」に対して真っ向から反論する勇気も気概もありはしまい。況んや、韓国が騒ぎ立てる「捏造性奴隷問題」に関してそれを否定する米軍が行なった「フィリピンでの朝鮮人慰安婦からの聴き取り情報」を、日本の為に使おうとしない米国の思惑を忖度して、「戦後世界秩序」の優等生たろうとする安倍政権には、何の期待もできない。何しろ米国の圧力に屈して「冤罪」を認めて「慰安婦合意」をして恥じない政権である。

今回の「南京大虐殺30万人」のUNESCO世界記憶遺産登録に対しても、菅官房長官の様に「30万人も殺していない」などと曖昧な言い訳を言ってしまっては敗けが見えてしまう。何よりもUNESCO分担金を「削減する・停止する」など愚の骨頂である。虚偽の事件を当事国に確認もせず、密室で決めてしまうなど、以ての外である。決定を取り消さないならUNESCOを脱退すると警告すればいい。それでもUNESCOが何のアクションも起こさないなら、本当に脱退すればいいのである。

国際社会に於ける日本の信用力は絶大である。少なくとも中共や韓国の比ではない。「あの日本が本気で怒っているのだから、何かおかしい」と国際社会が中共の嘘に注目する事も期待できないではない。日本抜きのUNESCOになど価値は無い。なぜ毅然と、そう考え、振る舞えないのだ。日本政府は、日本人は、いつからこんなに誇りを失なってしまったのか! やってもいない事を何故「やっていない」とはっきり言えないのだ。

日本が抜けた後は中共が埋める? 日本不在のうちに「捏造性奴隷」が登録されてしまう? 今のままの体たらくでは、日本が加盟して居ようが居まいが、「捏造性奴隷」は間違いなく登録されてしまうだろう。何しろ日本政府が公式に認めてしまったのである。とはいえ、碌な調査もせず嘘、偽りを登録するUNESCOに加盟している事のメリットは何なのか? 軍艦島(端島)が世界遺産に登録された事は喜ばしいが、「南京大虐殺30万人」の世界記憶遺産登録はこれから何世紀にも亘って語り継がれるものだ。100年後には真実は完全に埋もれている。これを阻止する為には、今まで日本で認定されてきた全ての世界遺産を失なったとしても構わないではないか!

日本政府、外務省にはいつも「覚悟」というものが無い。連綿と受け継がれてきた大和民族・日本人の誇りを護り通す「覚悟」が無い。中共が常識外れの覇権主義を剥き出しにしている今、日米安保は死活的に重要である。それは日本だけの事情ではない。仮にトランプ氏が大統領になったとしても、米国にとっても日米安保は死活的に重要な事に変わりはない。集団的自衛権見直しに踏み切った日本は、今や米国にとって欠くべからざる同盟国である。今なら、米国の顔色を窺って「南京大虐殺30万人」を黙認同然の行為に留める必要はない。中共が世界の主要国を敵に回している今こそ、中共の嘘に立ち向かう好機なのではないか。今こそ日本が国際社会に日本人としての矜持を見せる時であるのに、安倍政権にその気がないのは誠に残念な事である。