《日露戦争に日本が勝利して以降、米国の太平洋戦略は対日戦が国家目標だった》

1846〜1848年、米国は対メキシコ戦争に勝利してカリフォルニア州を獲得し太平洋へ面する広大な領土を手に入れ、1867年にはロシアからアラスカを購入した。太平洋では1898年にハワイ王国を滅ぼし武力併合し、同年、米西戦争(米国・スペイン戦争)の勝利によりフィリピン、グアム、キューバなどを手に入れると、米国は悪辣な方法で対フィリピン戦争でフィリピンを植民地化した。米国は約半世紀をかけて太平洋での覇権を確立した。

日本は日露戦争(1904〜1905年)後の満州に於ける権益への米国資本の〈強欲な参入行為〉について、非協力的な態度を示し米国の不興を買った。また、国際連盟からドイツ領であったパラオ・サイパンなどの、太平洋の島々の信託統治を委ねられるようになり、直接、米国領と接するようになった。

米国の呼びかけで行なわれたシベリア出兵(1918〜1922年)では、日本は米軍の撤兵後も駐留を継続するなど、米国との利害のずれが生じるようになっていった。日米の軍事的関係については、〈米国の強い働きかけにより日英同盟が解消〉される一方で、米国が日本に優位となる形で〈ワシントン会議に従った軍縮〉を行なうなど日本は外交で軍事力の削減を強いられた。この頃から米国は日本に対する悪意ある行為を実行に移していた。

また、〈パリ講和会議での日本による人種差別撤廃案〉の米大統領ウィルソンによる廃案化や、カリフォルニア州に於ける〈排日移民法〉などで人種的な対立が生じるようになった。米国による日本人への人種的な対応が、後の大東亜戦争への遠因となっていったのは否定できない事実であろう。

私は日本が仮に白人国家であったなら、大東亜戦争は勃発せず、絶対に原子爆弾は投下されなかったし、東京大空襲に代表される無辜の民への無差別大殺戮も無かったと確信している。人種差別は「遠因」ではなく「根底」に流れていた白人国家、米国の日本に対する「差別的悪意」であったのである。

日露戦争後、米国は敵対的対日戦略を更に明確化し、1906年に対日戦争計画「オレンジ計画」を作成した。実に大東亜戦争勃発の35年前の事である。1938年には「新オレンジ作戦」も策定した。新オレンジ作戦では、開戦した場合、日本は先ずフィリピン攻撃を行なうと予想、これに対し米国海軍主力艦隊は太平洋を西進し、同時に対日海上封鎖を実施、日本経済を枯渇させ、太平洋制海権を掌握した上で、日本海軍と艦隊決戦をするという戦略構想を確立していた。

こういった史実を知ってしまうと、我が先人たちがどのような外交努力をしようとも、日露戦争に勝利した日本には、米国の毒牙から逃れる術は無かったという事が分かる。これを考えると、必死に米国との大戦を避けようと努力した、当時の日本人の努力が虚しく思え、祖国を思い命を投げ出した先人たちの胸中を察すると涙が出てくる。米国人にとって日本人はアメリカインディアン同様に、滅ぼしても何の痛痒も感じない邪魔者でしかなかったのだろう。

『人種差別撤廃を白人に提案し・アジア植民地国家群の独立を語り・実際に白人国家である帝政ロシアを打ち果たし・有色人種の分際で満州の権益で米国に刃向かった国家』日本を米国人は憎悪していたのである。

この傾向は確実に今も続いている。親米保守を自認される方には特によく聞いていただきたい。米政権が民主党から共和党に変われば日本への根本的接し方が変わるとでも思っているのだろうか? いや党派は全然関係ない。そして大統領となる人物がD・トランプ氏に決まった以上、米国の政策にトランプ色は反映されるだろうが、トランプ氏には時代が要請する巨視的・大局的潮流を変更するほどの影響力は無いだろう。

また、ジャパンハンドラーと言われる、R・アーミテージ氏、J・ナイ氏、M・グリーン氏たちは知日派であっても親日派ではない。多くの米国人のDNAには消す事のできない、日本に対する敵愾心が刻み込まれてしまっている。(日本を愛する米国人が居ない訳では無いが…)

昔の西部劇で描かれたのとは逆に、アメリカインディアンの頭の生皮を剥いだのは米国に殖民してきた白人たちである。西部劇を信じてはいけない。善悪を逆転して描いた米国の自己正当化ドラマである。大東亜戦争では殺した日本兵を記念の髑髏(しゃれこうべ)にする為に、平然と殺した日本兵の生首を煮詰める米兵が多く居た。こんな人道に悖る行為を日本人にできるだろうか? 記念の髑髏を届けられた、国のフィアンセは彼氏の無事を知って安堵した。日本兵の髑髏を哀れんだ白人女性の話は聞いた事がない。

1941年3月のレインボー5号作戦では欧州戦線の優先、太平洋戦線の防御、日本の経済的弱体化、太平洋海域の海上交通線の封鎖・破壊、日本が持つ南洋諸島占領が主軸の目標となった。綿密に練られたシナリオ通りに日本は破滅への道を突き進んだ訳だ。その脈絡上にH・デクスター・ホワイトが書き直した、最後通牒とも言えるあのハルノートがあったのである。

因みに、ハルノートは米国議会は通過していない。日本は突き付けられたハルノートを「最後通牒」と受け止めたが、ハルノートには最後通牒の証拠となる「期限」は示されていない。フランクリン・ルーズベルト米国大統領は、ハルノート提示後にも昭和天皇に宛てて、事態の平和的解決を呼びかける親電を発しており、米国側から交渉を打ち切る意図はなかったという歴史的な逃げ道を残している。余りに計画的な小狡い行為ではないか。

日本にとって「反米思想を掻き立てる事は国益を毀損」すると言う反論コメントが聞こえてきそうだが、国益を護る為には「こうあって欲しくない」という状況から目を背けるべきではない。米国が日本をどの様に見ようとも「日米友好の路線を外れてはいけない」との方向を維持する為にも、有り得べからざる状況を想定しておくべきだ。交渉相手の真意を知らずして外交成果など上げられる訳がない。知るべきは状況の変化に対応した、交渉相手の移ろい行く思惑の変化を見抜く以外に無い。1年後も10年後も100年後も、日米同盟が常に盤石だと考える方が、パーマストンの名言を引くまでもなくおかしいのである。

私は真実から目を逸らさずに米国と上手く付き合っていくべきであると思う。米国はお人好しで親切な兄貴分などでは絶対に無い。米国は米国の国益を追求するだけである。日本人も生温い甘えた妄想から目を醒まして、日本の国益とは何かを真剣に考えるべきだ。その上でこそ日米同盟、日米友好を深化させる努力は無益ではなくなる。

肝心なのは相手の国が何処であろうと、完全に腹の内を見せずに〈常に国益に照らして〉付き合う事である。大東亜戦争での仕打ちなど、過去を責める事に拘泥する必要は無い。併し、過去に何をされたか、何があったのか、まで忘れてはいけない。歴史の真実を忘れてはいけない。賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶという。ほんの100年にも満たない史実をお気楽に忘れて、お人好しに徹して生きていては、命を懸けて日本の存続を願われた、英霊・先人・多くの無辜の犠牲者に申し訳が立たない。