《朝鮮通信使が残した言葉に現れる卑屈な優越感と歴史の教訓》

朝鮮通信使とは、室町時代から江戸時代にかけて李氏朝鮮より日本へ派遣された外交使節団である。

細かい話はともかく、朝鮮通信使が日本をどう見ていたかを知ると面白い。

朝鮮通信使の見た日本について最初に記録されているものは第8次通信使の李邦彦が鞆の浦・福禅寺にある客殿からの仙酔島の景観を高く評価し、「日東第一形勝」(朝鮮より東で一番美しい景勝地という意)と称え、続いて第10回朝鮮通信使の正使であった洪啓禧が、この場所を対潮楼と名付け賞讃し書を残した。また第11次朝鮮通信使では、来日した金仁謙は『日東壮遊歌』に当時の日本社会の様子と自身の率直な心情を書き残した。

日東壮遊歌
朝鮮通信使、金仁謙の著書『日東壮遊歌』より

▫️大坂での記述より
(多くの船が)一斉に行き来する様は驚くばかりの壮観である。その昔、楼船で下る王濬が益州を称えた詩があるが、ここに比べてみれば間違いなく見劣りするであろう。

流れの両側には人家が軒を連ね、漆喰塗りの広い塀には鯨の背のような大きい家を金や紅で巧みに飾り立てているが、三神山の金闕銀台(きんけつぎんだい = 仙人の住処)とは、誠のこの地の事であろう。

本願寺に向かう道の両側には人家が塀や軒をつらね、その賑わいのほどは我が国の鍾絽(チョンノ = ソウルの繁華街)の万倍も上である。

館所に入る、建物は宏壮雄大、我が国の宮殿よりも大きく高く豪華である。
我が国の都城の内は、東から西に至るまで一里といわれているが、実際には一里に及ばない。富貴な宰相らでも、百間をもつ邸を建てる事は御法度。屋根を全て瓦葺にしている事に感心しているのに、大したものよ倭人らは千間もある邸を建て、中でも富豪の輩は銅を以って屋根を葺き、黄金を以って家を飾り立てている。その奢侈は異常なほどだ。

天下広しといえこのような眺め、またいずこの地で見られようか。北京を見たという訳官が一行に加わっているが、かの中原(中国)の壮麗さもこの地には及ばないという。この世界も〈海の向こうより渡ってきた穢れた愚かな血を持つ獣のような人間〉が、周の平王の時にこの地に入り、今日まで二千年の間世の興亡と関わりなくひとつの姓を伝えきて、人民も次第に増えこのように富み栄えているが、知らぬは天ばかり、嘆くべし〈恨むべし〉である。

この国では高貴な家の婦女子が厠へ行くときはパジ(韓服のズボン状の下着)を着用していないため、立ったまま排尿するという。お供のものが後ろで、絹の手拭きを持って立ち、寄こせと言われれば渡すとの事。聞いて驚き呆れた次第。

▫️京での記述より
沃野千里をなしているが、惜しんで余りある事は、この豊かな金城湯池が倭人の所有するところとなり、〈帝だ皇だと称し〉、子々孫々に伝えられている事である。この〈犬にも等しい輩〉を、みな悉く掃討し、四百里六十州を朝鮮の国土とし、朝鮮王の徳を持って、礼節の国にしたいものだ。

倭王は奇異な事に何ひとつ知る事なく、兵農刑政の全てを関白に委ね、自らは関与せず、宮殿の草花などを愛でながら、月の半分は斎戒し、後の半分は酒色に耽るとか。

▫️尾張名古屋での記述より
その豪華壮麗なこと大坂城と変わりない。夜に入り灯火が暗く、よくは見えぬが、山川迂闊にして人口の多さ、田地の肥沃、家々の贅沢なつくり、沿路随一とも言える。中原にも見当たらないであろう。朝鮮の三京も大層立派であるが、この地に比べれば寂しい限りである。

人々の容姿の優れている事も 沿路随一である。わけても女人が皆とびぬけて美しい。明星のような瞳、朱砂の唇、白玉の歯、 蛾の眉、茅花(つばな)の手、蝉の額、氷を刻んだようであり、雪でしつらえたようでもある。趙飛燕や楊太真が万古より美女と誉れ高いが、この地で見れば色を失うのは必定。越女が天下一というが、それも真とは思えぬほどである。

(復路にて)女人の眉目の麗しさ、倭国第一といえる、若い名武軍官らは、道の左右で見物している美人を、一人も見落とすまいと、あっちきょろきょろこっちきょろきょろ、 頭を振るのに忙しい、まるで幼児のいやいやを見ているようであった。

▫️江戸での記述より
楼閣屋敷の贅沢な造り、人々の賑わい、男女の華やかさ、城郭の整然たる様、橋や船に至るまで、大坂城、西京(京都)より三倍は勝って見える。女人の艶やかなること鳴護屋に匹敵する。

(将軍との謁見について)堂々たる千乗国の国使が礼冠礼服に身を整え、〈頭髪を剃った醜い輩〉に四拝するとは何たる事か。
(将軍家治について)細面で顎がとがり、気は確かな様だが、挙動に落ち着きが無く、頭をしきりに動かし、折り本を弄び、やたらにきょろきょろとして、泰然としたところがない。
--------------------

一読すれば、華夷秩序の中にあって上位にあると信じ込む朝鮮人が、自惚れを持ちながら、日本文化に圧倒され、嫉妬のあまり恨めしく思っている様が手に取るように伝わってくる。

日本の文化、文明が明らかに自分達より優れているのを目の当たりにしながら、尚 日本人を侮蔑する言葉を吐く様は、今の韓国と全く同じではないか。この時代から続く朝鮮人の捻くれた卑屈な精神が、僅か35年間の日本の統治、教育で正される訳がなかったのも頷ける。

現在の韓国の歴史教科書によると、江戸時代に、朝鮮から来日した朝鮮通信使は、徳川幕府が経済的に困窮に陥った為に、先進文物を取り入れようと、李氏朝鮮王に懇願して招いたものだったと捏造教育されている。嘘を教える韓国人の大人も、嘘を教えられる韓国人の子供も哀れである。

実際の朝鮮通信使達は、行く先々で農家から勝手に鶏を盗んだり卵を盗んだりして、とても評判が悪かったという記録が京都大学に残っている。李氏朝鮮の両班たちは実際にそうしていたから、庶民は両班の姿を見ると慌てて鶏を隠した。

イザベラ・バードは、彼らは、たいがい内気で、私達の姿が目に入ると慌てて鶏をひっつかんで隠してしまうと語っている。伝統上、両班に求められるのは究極の無能である。従者達は近くの住民達を脅して飼っている鶏や卵を奪い、金を払わない。日本に残る記録そのままである。

朝鮮通信使は、韓国の歴史教科書とは異なり、何も江戸時代に限らず、室町時代から来ていた。韓国ではそんな事も教えていない。秀吉の時代には朝鮮征伐の噂を聞き付けて、秀吉を恐れた朝鮮人が通信使の形を借りて探りを入れてきてもいる。

秀吉軍に捕虜として日本に連れて来られた支那人、朝鮮人等がいる。彼等は、儒者、陶工などの特定の技術知識集団で、それら知識や技術を学ぶ為に、秀吉軍が連れ帰った者達であるが、帰国を希望した儒者達はちゃんと送り届けている。

手に職を持つ陶工などの技術者集団は帰国を拒否した。朝鮮では技術者は奴隷なみの最下層民扱いで、失敗したり、両班が気に入らないものを作ったりすれば、拷問まで受ける階層であったから、帰国を頑なに拒絶したのだ。技術者を軽視する風潮は、今の韓国にもある。だから未だにパクりしかできない国家なのだ。

李氏朝鮮は、対馬藩に対し、日本が朝鮮征伐の謝罪をし、捕虜を帰すなら、国交を開いても良いともちかける。言う事をきかなければ、武器を持たない対馬の漁民に対して危害を加え、対馬に軍を出すという。汚い脅迫である。謝罪を迫るのも朝鮮人の伝統らしい。昔から対馬藩は随分苦労したらしい。

当時の日本は世界中の鉄砲の半分を所有する軍事大国であったから、謝罪などする訳がない。併し、現場(対馬藩)はその場凌ぎで、嘘の謝罪をしてしまった。まるで河野洋平氏や安倍晋三氏である。

朝鮮人に対しては、その場凌ぎの謝罪は一番してはいけない。今度は、徳川幕府に、「国書をもって朝鮮征伐行為を謝罪せよ」と言ってきた。嘘でも良いから一度 謝罪して、終止符を打ったつもりの河野洋平氏などの愚かな期待は見事に裏切られ、韓国人は益々増長して、更なる謝罪を求めてきた。これが大昔にもあったという事だ。「日韓合意」も同じ道を辿るだけだ。

歴史を紐解けば紐解くほど、韓国が自国の歴史を知りたがらない理由も分からぬではない。併し、日本は誇らしい歴史も、煮え湯を飲まされた歴史も、とにかく真実を正確に学び、未来に活かしたい。朝鮮半島の下衆な連中と関わると碌な事がないと、歴史が教えてくれる。