《中華人民共和国のチベットへの悪行。中共が恐ろしい国である事を呑気な日本人は気付くべきだ。》

チベットには約2100年の歴史があると言われるが、それは神話時代からの話であり、実際には7世紀から語られる事が一般的である。唐王朝が栄えた時代だ。中共では唐代よりチベットは支那の一部分であったという、それこそチベットの全歴史を否定するような歴史歪曲を行なっているが、西暦763年にチベットは唐の首都 長安を占領し、一時的に「唐はチベットの朝貢国」になった事もある。

今日あるダライラマ制度は17世紀に始まったもので、それ以来ダライラマは転生を繰り返して現在では14世に至っているとされる。一般的にはチベットは1727年に清朝の支配下に入ったとされる。併し、実際にはラサに駐蔵大臣2人を置いていただけで、現代で言う大使館を開設していたに過ぎない。

チベットは英領インドと国境条約を結ぶなど一貫して独立国家として主権を行使してきた。20世紀前半当時、チベットは日本、支那、タイと並んで欧米の植民地化を免れたアジアでも数少ない独立国家のひとつであった。

1950年10月7日、人民解放軍がチベット東部へと侵略戦争を開始した。チベット国境警備隊と現地の義勇軍が抵抗したものの、武器・人員ともに圧倒的な人民解放軍を相手に退却を余儀なくされた。

そもそも人民解放軍は100万の軍勢を有している一方で、チベット軍は8500人に過ぎなかった。始めから軍事力による勝敗は見えていた。1951年5月、北京でチベットと中共との交渉が行なわれた。チベットから北京に派遣された代表2人は交渉に赴いただけで、チベット政府から条約を締結する権利を与えられていなかったが、中共の脅迫により強引に署名させられてしまった。こうして1951年5月23日、チベットの平和解放に関する十七ヶ条協定が締結された。

チベットが中共の支配下に入るとチベット人と支那人の摩擦が激化した。当時人口7万人のラサに2万人以上の人民解放軍が進駐し、ラサ市民は住宅と食料の提供を強制され、瞬く間に食糧難と猛烈なインフレがラサを直撃した。

チベットと中共を結ぶ道路建設には大量のチベット人が無報酬で強制労働をさせられ、数千人の命が奪われた。中共はチベットの青少年に、チベットの宗教、文化、習慣を侮辱し、共産党を賛美する教育を強制した。

チベット人の不満が日増しに高まる中、ダライラマ法王は1954年、北京を訪問し、毛沢東、周恩来、劉少奇、朱徳らと会談した。この時、ダライラマ法王は一筋の希望を見出し、中共との協調も本気で考えるようになったという。

併し、その後にチベット人は、人類が嘗て経験した事がないような悲劇に見舞われる。中共の悪政、度重なる条約違反にチベット人の怒りは頂点に達していた。

1958年以降、東チベットではカンパ族を中心に反乱が続発、これに対し人民解放軍は見せしめの為、何千という寺院や町を砲撃や爆撃で破壊、寺院の仏像や経典を容赦なく略奪した。東チベットの至る所で人民解放軍による虐殺が行なわれた。以下に『中国はいかにチベットを侵略したか』から引用する。

--------------------
「妻、娘、尼僧たちは繰り返し強姦されまくった。特に尊敬されている僧たちは狙い撃ちにされ、尼僧と性交を強いられたりもした。ある僧院は馬小屋にされ、僧たちはそこに連行されてきた売春婦との性交を強いられた。拒否した僧のあるものは腕を叩き切られ、「仏陀に腕を返してもらえ」と嘲笑された。大勢のチベット人は、手足を切断され、首を切り落とされ、焼かれ、熱湯を浴びせられ、馬や車で引きずり殺されていった。アムドでは高僧たちが散々殴打されて穴に放り込まれ、村人はその上に小便をかけるように命じられた。更に高僧たちは「霊力で穴から飛び上がって見せろ」と中共兵に嘲られ、挙句に全員射殺された。怯える子供たちの目の前で両親は頭を撃ち抜かれ、大勢の少年少女が家から追われて中共の学校や孤児院に強制収容されていった。
貴重な仏像は冒涜され、その場で叩き壊されたり、中国本土へ持ち去られていった。経典類はトイレットペーパーにされた。僧院は馬や豚小屋にされるか、リタン僧院のように跡形もなく破壊されてしまった。リタン省長は村人の見守る中で拷問され、射殺された。何千人もの村民は強制労働に駆り出され、そのまま行方不明になった。僧院長たちは自分の糞便をむりやり喰わされ、「仏陀はどうしたんだ?」と中共兵に嘲られた」
-------------------

1959年2月、中共はダライラマ法王を、3月10日に開催される観劇に招待した。その際、警備をつけないようにという注文をつけた。法王が拉致されるのではないかという不安が瞬く間にラサ市民の間に広がった。

1959年3月10日、3万人のラサ市民が市の中心部にあるノルブリンガ宮殿に集結、人々は口々に「チベットに独立を、支那人は帰れ」とシュプレヒコールを叫んだ。法王は観劇への出席を取りやめる事にしたが、大群衆はノルブリンガを去らなかった。

これに対し中共は軍を増強し、事態は一層緊迫の度を増した。3月16日、ダライラマ法王はついに決意して、一般庶民に変装してノルブリンガを脱出し、インドへと亡命した。

3月19日、遂に悲劇は起きた。中共軍はノルブリンガ宮殿に一斉に砲撃を開始。集中砲火は41時間継続し、宮殿は蜂の巣のように破壊され、何万人という民衆が虐殺された。3月28日にはチベット政府が完全に解散させられ、チベット自治区準備委員会に統治される事となった。(チベット自治区は1965年に発足)

その後も中共による残虐行為は絶え間なく続いた。1959年4月には「民主改革」運動が行なわれ、ありとあらゆるチベット人が摘発の対象となった。多くのチベット人が出頭を命ぜられ、投獄、殺害された。比較的軽いものでも数箇月間の洗脳教育を受けさせられた。

以下はダライラマ法王が難民からの報告をもとに纏めたものである。
--------------------
「彼らは銃殺されたばかりでなく、死ぬまで鞭打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられたり、生きたまま解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。また、あるものは生き埋めにされたり、腹わたを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした残虐行為はいずれも公衆の面前で為された。村人たちはそれを見物するように強制された。自分の家族が強制されて見ているその目の前で、ゆっくりと殺されていったのである。更に小さな子供たちは、その両親を射殺するように強制された」
--------------------

1966年5月にはチベットにも文化大革命の嵐が吹き荒れた。8月には紅衛兵の数は1万人に達し、最盛時には十数万に達した。紅衛兵は「四旧」を打破し、「四新」を建設しようというスローガンの名の下に、数少なくなったチベットの寺院、文化施設を徹底的に破壊し、通りの名称を変更し、個人の家に入り込んで祭壇や民俗家具などを片っ端から壊し回った。

民族衣装を着る事もペットを飼う事も屋上で香を焚く事も、伝統の模様を描く事も全て禁止された。宗教文献、写本、彫像などは跡形もなく破壊された。チベット語も弾圧の対象となり、会話以外ではありとあらゆるチベット語の書物、教科書、が焚書された。

チベット語で印刷されたものといえば毛沢東語録と共産党の宣伝文書ぐらいになってしまった。全ての僧侶は「反動分子」として扱われ、罪名を書いた板を首にかけられ、市内を引き回された。チベットのありとあらゆるものが破壊された大混乱の10年間であった。

1978年から始まった改革開放政策によって、中共のチベットによる残虐行為は大幅に緩和された。併し、28年間に亘る中共の支配は、2000年かけてチベット人が築き上げたものを根本から徹底的に破壊し尽くしてしまった。6000箇所以上あった寺院は悉く破壊され、完全な破壊を免れたのは8箇所であった(全く被害がなかった訳ではない)。

虐殺、戦闘、飢餓によって120万人のチベット人が命を失った。チベットの人口の5分の1に相当する。中共侵略前のチベットは貧しかったが、その歴史に於いて飢餓を経験した事はなかった。

改革開放以来、大規模な殺戮はなくなった。仏教を信仰する事も可能になった。破壊された寺院の再建や修復も進んでいる。それでもチベット人に対する弾圧は依然として続いている。

1989年にはラサでチベット人による大規模なデモが行なわれ、これに対し人民解放軍が数百人のチベット人を虐殺している(当時の地方の共産党書記、胡錦濤氏はこの虐殺で名をあげた)。現在でも数千人が政治犯として収容されていると言われている。

ダライラマ法王の写真やチベットの国旗を所持しているだけで摘発の対象となるほど自由は制限されている。他にも子供たちにダライラマ法王の写真を踏み絵させたり、中共のイデオロギー教育を行なうなど、前近代的な植民地支配が継続されている。

1995年には即位したばかりのパンチェンラマ11世を拉致監禁し、別のパンチェンラマをたてるという暴挙に出た。拉致されたゲンドゥン・チューキ・ニマ少年は当時6歳で、世界最年少の政治犯となった。ダライラマ法王は亡命から48年間、一度も祖国への帰還を果たしていない。

中共は半世紀以上に亘る残虐行為を認めないどころか、「嘗てのチベットは5%の僧侶及び貴族、地主が、95%の奴隷を搾取していたが、中共がチベットを平和解放し、チベットに幸福と繁栄を齎した」などという、歴史の捏造をしている。更に「チベット固有の動物であるジャイアントパンダ」を中共の平和の象徴に仕立て上げてしまった。

パンダは中共には棲息して居なかった。パンダはチベット固有の珍獣である。今、中共がパンダを政治利用して、中共に歯向かわない国にのみ「友好の証」としてジャイアントパンダを高額でレンタルする様を見せつけられるにつけ、この珍獣の故郷(ふるさと)を知る者は皆、腹わたを煮え繰りかえらせている事だろう。

当然 ダライラマ14世の事は分裂主義者、仏教秩序の破壊者として極悪人扱いである。ダライラマ14世は1989年にノーベル平和賞を受賞している。これには中共への世界の非難が込められている。近年特に深刻なのは大量の支那人がチベットに入植している事である。もともとチベットの一部分であった青海省は今や支那人が多数派となっている。

チベット自治区では今でもチベット人が多数派であるが、2006年7月の鉄道開通によって現在では自治区内にも大量の支那人が入植してきている。大規模な虐殺や破壊はなくなったが、今でも中共によるチベット文化の破壊や殺戮は着々と進んでいる。

50年代から70年代にかけてチベット文化は徹底的に破壊されたが、更に80年代にかけてはチベットの中共化がより強化された。ラサ市街は今や社会主義国らしい地味な5階建てのコンクリート建築が並び、チベットらしさが全く失なわれてしまった。道路には北京路、福建路、解放路などの中共的な名称がつけられている。

一時、チベットの人権を非難していた欧米諸国は、中共の経済力を前に沈黙してしまった。中共が問われて一番痛い所、チベット、東トルキスタンへの人権弾圧・大虐殺を、日本は堂々と追及するべきである。日本国民には、次は日本かも知れないという危機感が無さ過ぎる。中共が中米露の大国の力関係を見計らいながら、可能と判断して日本侵略を始めた時、日本を護ってくれると呑気な日本人に信じられている米国には何もできない。人の心を持たない人民解放軍には平和憲法など通用しないのは、チベット国民や僧侶たちへの仕打ちを知れば自ずと分かるだろう。