《「MERSは『人間同士では』伝染しにくい。併し、韓国人の遺伝子はMERSに脆弱なようだ」 …米サイエンス誌。韓国人は一般的な人間とは かけ離れた生き物なのか?》

米科学誌サイエンスは、韓国に於けるMERSウイルスの感染者拡大について、「医学界の通念を破っている」と報じた。 昨年(2015年)、サイエンス誌は、韓国で急速にMERSが拡散しているのは、韓国人の遺伝子の特性に原因があるかも知れないとする専門家の分析を掲載した。 

サイエンス誌はMERSが2012年に初めて発見されて以来、幾つかの国家で海外から(外国旅行を通じて)広がった事例はあったが、多くは広がらなかったとして一般的なコンセンサスでは〈MERSは人間には容易に伝染しない〉と指摘した。世界保健機構(WHO)でMERS関連の中心的役割を担うピーター・ベン・エムバレク氏は「併し、類似の状況で露出した数百人はMERSに感染しなかった。なぜ韓国だけでこういう現象が発生するのか」と疑問を呈した。

つまり、「2012年にMERSウイルスが最初に発見された後、多くの国で感染者が発生したが、今までMERSは〈人と人との間では簡単に感染しないもの〉とされてきた。これほど多くの人に広く感染したのは韓国が初めてであり、韓国の最初の感染者が別のウイルスを持っていたか、〈韓国人の遺伝子の特性〉に原因があって他の人種に比べてMERSウイルスに弱い」という事だ。

確かに当時の韓国に於けるMERSの拡散スピードは異常なほど速かったそうだ。そして、それは韓国人(朝鮮人)の遺伝子の特性に原因がある事は充分に有り得る。実際に韓国人(朝鮮人)の遺伝子には、かなりの特殊性が存在するからだ。

朝鮮では近親相姦が何世代にも亘って繰り返されてきており、韓国人(朝鮮人)のDNAパターンは非常に均質という特徴がある為に、同じ病気に罹りやすいと疑われている。韓国人(朝鮮人)は、世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主となっており、これが人と人との間で簡単にMERSを感染させている理由ではないかとの疑惑を発生させている。

話は変わるが、1910年に〈朝鮮人たちによる度重なる懇願〉に応えて、日本は国際法に基づいて平和裡に、破綻した未開国家 大韓帝国を併合してあげた。現在の韓国政府や日本の文科省が認める教科書に記述されているような「武力による植民地支配」などしていない。日本が朝鮮人を文明開化に導いてあげたこの「日韓併合」以来、日本は数え切れないほど韓国を助けてきた。逆に日本が韓国に助けられた事は一度も無い。朝鮮民族同士でしか感染しない、この韓国MERSの爆発的感染を食い止めてあげたのも、また日本人であった。

京都府立大大学院の塚本康浩教授のチームが、ダチョウの卵を使用して韓国MERSウイルスに強く結合する抗体を大量精製する事に成功して、韓国人たちは韓国MERSの大量感染から救われた。思えば韓国人たちは何度も何度も日本人に救われながらも、建国以来の反日教育をやめずに日本を憎んできた。経済支援だけでも累計およそ23兆円に上るし、様々な先進技術や経済的方法論を日本人から教育されて現在の韓国がある。何の見返りも求めず外国をこれほどまでに支援する国は世界広しと雖(いえど)も日本しか無い。併し、韓国人は感謝する事を知らない。助ければ助けるほど日本を憎む。朝鮮民族が〈恩知らず〉であるという所以である。そして、御多分に洩れず『日本人による韓国MERSワクチンの開発』にも韓国人は日本に感謝しなかった。

話を戻すが、「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、「道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない」。 その為、昔から朝鮮では『これこの通り、娘は妊娠できる身体でございます』という事を証明する為に、父親や兄弟や叔父など血縁の近い「種男」が娘(妹や姪)を犯し、妊娠した状態で輿入れさせる「試し腹」という習慣が伝統的にあった。

尚、「試し腹」によって産まれた子供は、当然夫の血を引いていない為、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、大人になるまで生き残れない事も多かったという。妊娠できる女である事を証明して嫁がせるという〈暴走した儒教思想〉が悪しき民族文化として根付いたのだろう。

このように、誇れる伝統文化が何ひとつ無い韓国(朝鮮)では、近親相姦が伝統となっているのだ。韓国人(朝鮮人)は、近親相姦を伝統として盛んに行なってきた為、民族的、人種的に、遺伝子レベルで異常をきたしている。韓国人(朝鮮人)だけが人と人との間で簡単にMERSに感染しているのは、韓国人(朝鮮人)だけが世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主である事が原因となっている事は充分に有り得る事である。

米人類学者Cavalii-Sforzaの遺伝子勾配データによれば、 朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去に於いて大きな GeneticDrift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)したか、或いは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表している。

韓国では、昔から若くて比較的 目鼻立ちの整った娘達は毎年 支那に3000人も5000人も献上されていたので、そもそも女性の絶対数が足りず、その為、近親相姦が容易に繰り返されてきた。遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないとできない遺伝子が多数見つかっている。
(文献:The Great Human Diasporas: The History of Diversity and Evolution. 1995.. Luigi Luca Cavalii-Sforza and Francesco Cavalli-Sforza. Addison Wesley Publ. ISBN 0-201-44231-0)

また、韓国では新種の精神病で、前頭葉が破壊されてる韓国人が激増している。子供の発病率は、7年前より何と100倍に増加しているという。
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2004021674158 

尚、前頭葉などの脳の損傷があると、殺人などの凶悪犯罪者になる可能性が高まる。朝鮮人・韓国人は、脳に損傷を持つ者の比率が際立って高い。脳に障害を持つ要因として、CNNでは、頭部の怪我、幼年期の肉体的または性的虐待、慢性ストレスなどを挙げているが、朝鮮人の場合には「幼年期の肉体的または性的虐待」と「慢性ストレス」が当て嵌はまると考えられる。

こう言った事は日本のマスメディアは意図的に報道しないが、韓国では性犯罪、特に「強姦」の発生率が異常に高い。若者の「強姦」に限って言えば、ざっと言って日本の40倍である(呉善花 氏)。失脚した朴槿恵氏の大統領選挙時の四大公約の一番目が「性犯罪の撲滅」であった。この問題を含めて朴槿恵氏は何ひとつ成果を上げないまま職を追われる事になった。

こういう危険な民族が、我が日本国に韓国籍のまま60万人も通名で暮らしている。そして毎年5000人以上の在日が碌な審査も受けずに日本に帰化している。民進党には帰化朝鮮人議員がたくさん居る。自民党にも帰化朝鮮人は少なくない。前東京都知事も状況証拠から見て帰化朝鮮人の可能性が極めて高い。現政権のスローガンに「日本を取り戻す」というのがあった。本気で「日本を取り戻す」というなら、この問題は決して避けては通れまい。併し、現政権にその気が無いのはよく分かった。日本が本来の日本に立ち戻り、日本国が再生する為には誰かが勇気と覚悟を持って、この問題『在日問題・帰化朝鮮人問題』を正当に解決しなければならない。