《 歴史修正は悪ではない。誤りは勇気を持って正していくべきだ 》

欧米ではリビジョニスト(Revisionist = 〔歴史〕修正主義者)というと〈悪〉を意味する。日本人には「正しく修める」のがなぜ〈悪〉なのかピンとこない。歴史は同時代に生きる者には例外(意図的な悪事等)を除いて善でもなく悪でもない。ただその瞬間を必死に生きているだけの積み重ねが後に歴史と呼ばれる。

歴史の捏造によって悩まされ、苛まれ続ける日本人には「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」との考えがあり〈捏造された歴史の修正〉は良い事にしか思えてならない。嘘つき国家にとっては嘘を正されては叶わないから「歴史の修正」を〈悪〉と責め立て、過去を暴かれるのを嫌がり、確定したものとして済まそうとする。

それどころか中共や韓国は〈嘘の上塗り〉を国是とさえしている。安倍首相の真珠湾訪問により日本との真の和解を総じて受け容れているかのように見える米国も『東京裁判史観』という歴史捏造を国家としても国民の総意としても改めはしないだろう。日本がこれを覆そうとすれば米国もやはり日本に対して敵国として振る舞うだろう。

併し真実に立ち戻る事に何の罪過があろうか? 先の大戦に敗れて71年になろうとしている。悪い事をしたからではなく、ただ戦争に敗れたから、日本人は71年間も身を縮めて生きてきた。そうする内に、自らを責める事を善行と勘違いする愚かな偽善的日本人まで出てきた。この特異な国民性は、そう仕向けた占領統治の所為ばかりとは言えない気がする。

元々日本人は人が好過ぎるのだ。そして現代の日本人には自虐的偽善者が多過ぎる。お人好しの日本人には偽りの戦後教育が相当強く影響している。更に、在日韓国朝鮮人による捏造世論の誘導にも多くの無自覚な日本国民が騙されている。

過去を正しく見極め、秩序立てて整理されたものが歴史なら、日本人はリビジョニストと言われる事を恐れてはいけない。謝罪や賠償が目的ではない。我が日本は、広く真実を、歴史の正義を知らしめたいだけである。正しい言説に抵抗するのは疚(やま)しい捏造国家だけである。

安倍政権の初期、米ニューヨーク・タイムズ紙は「安倍首相の危険な歴史修正主義」と題する社説を掲載し、英フィナンシャル・タイムス紙も「歴史修正主義者」と指摘した。米議会調査局が公表した日米関係に関する情勢分析の報告書にも「安倍首相は歴史修正主義者の視点を持っている」と書かれた。この言葉を使って安倍首相を「批判」する海外メディアが実に多かった。

併し、安倍首相は国際社会、特に米国からの激しい風当たりを実感すると、日本国民に訴えかけた筈の「戦後レジームからの脱却」「日本を取り戻す」などのスローガンをかなぐり捨て、米国が押し付ける歪められた歴史観をいとも簡単に受け容れて見せた。人間の本心はそう容易く変節できるものではないから、安倍首相も心の底では〈戦後レジームからの脱却〉をする必要性を今でも感じている事だろう。

個人としてはともかく、安全保障を日米安保に頼り切った今の日本の首相としては、〈憲法9条〉をなんとかしない限り米国のポチを演じる他ないとの政治判断は止むを得ない現実であろう。

歴史修正主義とは既に確定している「歴史的事実」について異議を唱え、存在しなかったかのように主張したり、修正を迫ったりする事を言う。併し、時代を経て新たな事実などが判明した場合、それまでの歴史が色々な角度から検証され「修正」されるのは本来当然の事である。歴史修正主義が否定的な意味で使われるには、それこそ歴史的な経緯がある。

その大きな理由は、ナチス・ドイツによるホロコーストの否定論者が自分たちの事を「歴史修正主義者」としたからだ。嘗てドイツが国家をあげて推進したユダヤ人への抑圧政策、アウシュビッツ強制収容所でのホロコーストは、人類史上最悪の惨劇と記録されている。ところが戦後、欧州では一部の者がホロコーストを疑問視するようになり、1970年代には沢山の否定論が登場した。

こうした者たちが「歴史修正主義者」と呼ばれた為、欧州や米国でこの言葉が批判的な意味で使われるようになってしまった。日本でも90年代以降、日本軍による所謂「南京(大虐殺)事件や(従軍)慰安婦問題」が無かった等とする者に対して、誤用または恣意的に悪用されている。

近年では、ホロコーストを否定するかのようなイランのアフマディネジャド(当時)大統領の歴史認識が、国際社会でのイランの孤立の一因になった。「歴史修正主義」という言葉は否定的な印象を与える為の「レッテル貼り」に使われるようになってしまった。

実際、ドイツやオーストリア、フランス、スイス、ベルギー等ではホロコーストを否定する行為を違法としている国も多く、リビジョニストの歴史学者や運動推進者が逮捕されたり、書籍が発禁になる事件が度々起きている。正に腫れ物に触るような体制が定着してしまっている。これではホロコーストを検証しようとする研究者など現れよう筈もない。

私は、虚心坦懐に精査すれば、史実と確定されたホロコーストの事案にも「誇張や捏造」があるのではないかと考えている。日本の過去が「歴史的事実という名の嘘」で塗り固められているように。

併し、ドイツは同じ白人国家という事もあり、日本より上手く戦後を切り抜けた。また、ドイツは国家には直接傷を付けない様に、ナチス一身に罪を被せるという狡猾というより卑劣という方が相応しい手を使った。併しその裏では、有る事、無い事、押し付けられるという、苦い経験もあっただろう。ドイツは卑劣を通す為にそれらの理不尽を受け容れる国家的選択をした。

日本人は、軍部の所為だけにして国民はシラを切るという事はしなかった。況してや、畏れ多くも天皇陛下をスケープゴートにしようなどとは絶対に考えない。この日本人の生真面目さに、米国が、そして後に韓国・中共が付け入ってきたのである。

オーストリアは韓国と同じ立場にあったが、その対応は最終的には立派なものであった。オーストリアは1938年から6年間、ドイツに併合されていた。韓国と異なり、それこそ強制的に武力を以って併合されていた。

戦後、ナチスによるユダヤ人迫害が問題視されるとオーストリアも最初は「我が国はドイツに強制併合されていたのだから、我が国もナチスの被害者だ」という卑怯な態度をとっていた。併し、史実を調べるとオーストリアも併合中はナチスに加担してドイツの戦争遂行やユダヤ人迫害に積極的に協力していた。

オーストリアのカール・レンナー(当時)大統領は、後に「オーストリアは被害者ではなく加害者だった」と謝罪し、フランツ・フラニツキー(当時)首相はイスラエルを訪問した時、「我が国もナチスに協力してユダヤ人を迫害した」として国家として正式に謝罪した。カール・レンナー大統領、フランツ・フラニツキー首相の二人は、オーストリアはナチスドイツと行動を共にした加害国であると認めて、被害国に公式に謝罪し、自国の罪を認めたのである。この行為は各国から賞賛された。

韓国はオーストリアと違って〈自ら懇願して日本に併合され〉、大東亜戦争では少なからぬ朝鮮人が日本軍として連合国と戦った。立派な朝鮮人日本兵も沢山輩出した。然るに戦後の朝鮮人は、特に今の韓国政府は〈加害者〉である事を認めず一貫して〈被害者〉を演じている。日韓併合以来、朝鮮人が〈被害者〉であった事は一度もない。特に韓国政府と韓国人・在日韓国朝鮮人は〈被害者〉どころか日本に対する一方的〈加害者〉であり続けている。

これからの日本人は歴史の捏造を絶対に受け容れてはいけない。悪意ある嘘で固められた、偽りの歴史は、何と言われようと正していく。〈事実を捻じ曲げられた歴史は堂々と修正していくべきである〉。正しい行ないに躊躇いは不要である。我々の大切な子々孫々の為に誇りを取り戻す決意に揺るぎがあってはならない。

-------------------
本来の「修正主義」(Revisionism、リビジョニズム)とは、マルクス主義運動の分野で、マルクス主義の原則とされるものに対して、重大な「修正」を加える意見や思想などに対して使われていた用語である。