《国際間に限らず交渉事には重要な要素がある。有効な順に「POWEREMOTION LEGAL THEORY」の3つである》


具体的には、尖閣領有に関して中共は一貫して「POWER」で押してくる。捏造性奴隷で韓国が働きかけるのは「EMOTION」だけである。それに対して日本は全てについて「LEGAL THEORY」でしか応戦していない。否、日本政府は「LEGAL THEORY」すら主張してこなかった。当事者間はおろか、国際社会で議論が噛み合わず、日本だけが不利な立場に追い込まれるのは当たり前である。


民間有志が幾ら精力的に研究し、立派な成果を上げて、国際社会に働きかけても、「悪意ある感情論」「EMOTION」を振りかざす韓国の捏造性奴隷を覆す事は未だできていない。韓国ははっきり言って愚かで卑怯である。愚かだから隙だらけである。相手の隙、弱点を突くのは戦闘の要諦であるが、日本人はそれを潔しとしないのか、正論である「LEGAL THEORY」でしか応戦していない。


例え弱々しくとも応戦していた頃はまだマシであった。忘れもしない2015 年12月28日、安倍政権は韓国が振りかざす捏造性奴隷という冤罪を認めて「もうこれ以上、国際社会でこの件を持ち出さないで欲しい」と謝罪して、あの村山政権ですらやらなかった国費からの支出をしてしまった。あの10億円の血税は、どう詭弁を弄しても国際社会から見れば立派な「償い金」であり「賠償金」である。


そうこうしてるうちに朴槿恵氏が失脚し、失脚中のその最中(さなか)に韓国では釜山の日本領事館前にあの醜い売春婦像が新たに設置された。安倍政権は即座に駐韓日本大使と領事を〈一時帰国〉させた。おそらく安倍首相はこの韓国の「日韓合意」違反を待っていたのだろう。国際社会は韓国に非があると初めて気づいた筈である。政治的には安倍首相の完勝である。韓国はまんまと安倍首相の罠に嵌まってくれた。


これを〈政治的勝利〉と安倍首相を褒めそやす人々が居るが、果たしてこれを日本の勝利などと言えるだろうか? 実際は「日韓合意」で〈冤罪を認めて謝罪した〉時点で日本は自ら韓国の嘘に負けたのである。靖國神社に眠る英霊は「20万人の韓国人少女を組織的に強制連行し、劣悪な環境に閉じ込め、強姦して、証拠隠滅の為に多くを殺害した恥ずべき軍隊である」と、日本国の内閣総理大臣によって不当にも貶められたのである。自らの命を捧げてこの日本国と子々孫々を護ろうと散華された英霊を平然と貶める行為には断固反対する。この「日韓合意」は〈政治的勝利〉と引き換えにした取り返しのつかない『歴史的敗北』なのである。


早速、米カリフォルニア州の公立高校で2016年から使われている教科書によって、この捏造性奴隷の記述が堂々と米国人の青少年に史実として教育されるようになった。外務省は早速事実無根であると抗議したが「日本政府が正式に認めた史実ではないか」と言い返されて、引き下がらずを得なかったという。


日本外務省はクマラスワミ報告の訂正も求めたが、「日韓合意」を理由に歯牙にも掛けられなかったという。クマラスワミ報告とは、日本弁護士連合会による国連ロビー活動により慰安婦を「性的奴隷(Sex Slaves またはSexual Slavery)」 として扱い、国連から日本政府に補償を働きかけ、更に、19936月のウィーンの世界人権会議に於いて「性的奴隷制」が初めて「国連の用語」として採用され、1996年に出されたクマラスワミ報告書で「軍隊性奴隷制(military sexual slavery)」と明記された、その嘘まみれの報告書の事である。


このように「慰安婦合意」は、日本国の誇りや名誉を著しく毀損したものであり、それを〈政治的勝利〉などと誤解する日本人は狂っている。「慰安婦合意」は、安倍首相の策に溺れた戦略ミスであり、この一点に於いて私は安倍首相を許す事ができない。「慰安婦合意」により海外で暮らす外交官やビジネスマンの子供たちに対する虐めはより一層激しくなったという。支那系や韓国系の悪ガキたちによる日本人子弟への虐めはこれからも止む事なく続くだろう。私は国外で暮らす日本人を心身ともに護ろうとしない日本政府・外務省に疑問を持つ。


「慰安婦合意」は、国と国の約束事だからそう軽々には覆せない。覆して真実を主張できるまでには、かなりの時間経過を要するだろう。少なくとも「慰安婦合意」を公に認めてしまった安倍政権が続くうちは無理だろう。安倍政権は次の世代に重い宿題を残したのである。支持率の高い安倍政権であるが残念ながらこの事実は曲げられない。苦肉の策であったのかも知れないが、間違いは間違いである。


韓国人は釜山領事館前に売春婦像を新設して日本から非難を受けると「10億円を返せば良いのだろう」と居直って見せた。これは万引き犯が捕まった時に必ず言うセリフらしい。約束違反の悪い事をしている自覚が全くない。韓国人の民度の低さを如実に表している。事ほど左様に韓国人という輩は民度が低いばかりでなく、下劣で卑怯、そして幼稚で大嘘つきな民族である。だから汚い事も無自覚に平気でやって退ける。日本はそれに随分と悩まされてきた。


敢えて言おう。汚いやり口の嘘つきをやり込めるには、こちらも同じ土俵に立つしかない。何も嘘をつかなくてもいい。日本も国際社会の「感情」「EMOTION」に訴えかけるのだ。綿密な理論展開「LEGAL THEORY」を10回繰り返すより、一度でも人々の感情を掴めば、日本は無傷で韓国に恥をかかせられる。国際社会で再起不能なほど韓国をやり込めてしまえば、誰も韓国人の虚偽捏造に振り回らせられなくなる。


捏造性奴隷問題で勝ちたければ「感情」「EMOTION」に訴えろ。数年前から「米軍慰安婦問題」で112人の元米軍慰安婦が韓国政府を提訴中だ。また、韓国は稀に見る「性犯罪大国」である。呉善花氏によると強姦犯罪認知率が日本の43倍にもなると言う。何しろ朴槿恵氏が大統領選挙期間中に公約として掲げた四つの約束の第一番目が「性犯罪の撲滅」だった。更に、世界一の「売春婦輸出大国」で自称20万人の売春婦を輸出している。実際には20万人どころではないだろう。その他「ベトナム戦争での蛮行・ライダイハン・コピノ問題」や「日韓併合前までの女性の扱われ方」どれ一つ暴かれても韓国の立場は失墜する。


中でも「現代の女性の人権侵害」を暴くのが一番有効であろう。徹底的にネガティヴ・キャンペーンを展開すれば韓国の偽りの先進国の仮面は剥がされ、国の格は失墜する。放って置いても今の有様である。日本が本腰を入れてネガティヴ・キャンペーンを戦略的に実行すれば、韓国は持ち堪えられまい。


POWER」軍事力を背景にして、領土的野心をごり押ししてくる中共には、国際社会に於ける中共のポジション、連携があるから簡単には行かない。「日本に手を出すと深傷を負うぞ」という日本の気概、自己防衛力、軍事力を高めて中共政府・中共人民の「感情」「EMOTION」に揺さぶりをかけておかないと、いずれ「POWER」で押し切られ、尖閣は奪われる。日本への警戒心が自制に繋がる事を期待したい。まぁ、最悪でも奪われた後、尖閣を孤立させてしまえば困るのは中共の方だが、トランプ政権が尖閣問題で日本にどこまで協力してくれるかが見えない今は、できるだけ事は荒立てない方が得策だろう。ただ粛々と自己防衛力を高めて中共に感情的恐怖心を植え付ける努力を怠らない事だ。


肝に銘じるべきは中共による尖閣へのイチャモンは手始めである事である。「日本の自主防衛」の完結、核武装、そしてインドを始めとした「多国間軍事同盟の実現」は我が儘な米国が居る限り極めて困難な道だが、日本が生き残る道はその方向にしか無い。一朝一夕には行かない命題である。重要なのは、日本人ひとり一人の戦う覚悟である。ここまでやられてしまったんだ。今更あがいても仕方が無い。普通に生活できれば充分だ。こういう「敗北主義」こそ、今の日本が内包する最大の敵である。