《韓国の言う「性奴隷の無根拠」と、17世紀以降の米国の「黒人奴隷の記録」》


「旧日本軍が朝鮮人少女を20万人も組織的に強制連行して性奴隷(Sex slave )にした。そして薬物注射をして天皇のプレゼントとして日本軍兵士に与え、その後、証拠隠滅の為に性奴隷を虐殺した。」このような事実無根の妄想を韓国政府と韓国国民は史実と言い募りるが、この件についての証拠など詳(つまび)らかにできよう筈も無い。真面な証拠と呼べるものは一切提示できないのに韓国国民は反日であれば全て頑なに信じてしまうのである。韓国が証拠として示せるのは精々「自称元慰安婦の老婆の証言」だけである。然も、証言者第一号の故 金学順さんは義父に2度に亘って40円でキーセンに売られたと証言しており、これは日本の裁判記録にも残っている。


何より、それほど大規模な強制連行があったのなら、目撃証言や家族や男たちの抵抗の記録が皆無なのは何故なのか? 老婆の証言以外に何も示せないのは韓国の言う事が全て大嘘である何よりの証拠である。


米軍による慰安婦に関する尋問記録は「日本人戦争捕虜尋問レポート No.49」というものが有名である。ミャンマー(当時ビルマ)での慰安婦20名や日本人斡旋業者2名を尋問したこの記録では、慰安婦の貯金の多さや、軍人と外出した事などが明らかにされており、「慰安婦性奴隷説」の否定資料として挙げられてきた。ここでも強制連行の事実は裏どりできていない。更に、米国政府のクリントン及びブッシュ政権下でおよそ8年かけて実施した「ドイツと日本の戦争犯罪に関わる大規模な再調査」で、日本の慰安婦に関わる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかった事が明らかとなっている。戦時の米軍は慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたという。


この米政府の調査結果は「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」として、2007年4月に纏められた。米側で大きく提起される事は殆んど無かったが、慰安婦問題の分析を進めていた米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。調査対象となった未公開や機密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2,000ページが日本の戦争犯罪に関わる文書だった。


報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけが無かった事を何と「失望」と表明している。調査を促した在米中共系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名を挙げ「こうした結果になった事は残念だ」とも記している。目的が中共系反日組織の依頼に基づく日本に対する粗探しであった事をはしなくも裏付けた格好だ。


何より吉田清治なる正体不明の人物が出版した「私の戦争犯罪」の内容は、韓国の地元紙、済州新聞が明確に否定し、島民の多くも「そんな話は聞いた事がない」と答えている。家族・知人の被害届も目撃証言録も皆無で、ただ「自分はそういう目に合った」という老婆だけが名乗り出ている。韓国側や日本の売国奴が狡猾に問題を「女性の普遍的人権問題」摺り替えようとも、吉田清治の捏造本を鬼の首でも取ったかのように騒ぎ立てていた韓国側や日本の売国奴の最初の問題提起を見る限り全く取り上げるに値しないものである。改めて「女性の普遍的人権」を論(あげつら)うなら、現在訴訟中の「米軍慰安婦問題」や「韓国人がフィリピンに遺してきた3万人ものコピノ問題(韓国人がフィリピン女性に産ませて放置した私生児問題)」を取り上げるべきだろう。これこそ〈現在進行形の女性の人権問題〉である。


そもそも慰安婦問題では、日本政府の拙劣な初期対応に大きな問題があった。このような〈女性の性的被害〉に関する訴えには、初期段階から毅然たる無実の主張が不可欠である。罪を犯してはいないのに、事を荒立てまいと曖昧にしようとしたり、口先だけの謝罪で済ませようとしたり、逃げを打ったりするのが一番いけない。卑近な例えで恐縮だが、痴漢冤罪の多くが、日本政府と同じような対応をして自ら冤罪を認める羽目に陥っている。日本政府はこの問題が表沙汰になるや一貫して曖昧な態度を取り続け、河野洋平(当時)内閣官房長官の記者会見での売国失言(虚言)を経て、とうとう自ら冤罪を認める「日韓合意」に至ってしまった。


これで韓国政府の恥知らずな捏造が国際社会では真実として明確に認識され、韓国人の妄想に歯止めがかからなくなってしまった。2018年度から韓国で使用される国定の歴史教科書には「旧日本軍が朝鮮人少女を20万人も組織的に強制連行して性奴隷(Sex slave )にした。そして薬物注射をして天皇のプレゼントとして日本軍兵士に与え、その後、証拠隠滅の為に性奴隷を虐殺した。」と記述される事が決定した。更に、米カリフォルニア州の公立高校でも「日本軍性奴隷」に関する同様な記述が確認されている。「事実と異なる」とカリフォルニア州教育委員会に外務省は抗議したが「慰安婦合意」を根拠に撥ね付けられた。私は何度でも言う「慰安婦合意」は安倍政権による取り返しのつかない大失敗である。


下賤な朝鮮民族は味をしめたら何度でもタカリ、ユスリをしてくる。今度は徴用制度をネタに徴用工の少年像の製作に取り掛かっているという。14歳にも満たない少年たちが日本軍に強制連行され日本各地の炭鉱で奴隷的強制労働を強いられた記念像だという。日本政府は今から毅然たる対応のロールプレイイングをしておくべきだろう。度重なる過ちはこれ以上は許されない。


韓国側の無根拠の言い掛かりに反して「本当の奴隷の記録」は正確に残っている。200年も昔であろうと、史実は必ず記録という証拠を残す。白人がアフリカの村々を襲撃して多数の現地人を奴隷使役の為に拉致した「記録」には事欠かないし、当然ながら「数字の記録」数多(あまた)残っている。


1640年代から1865年まで、現在のアメリカ合衆国領域内ではアフリカ人とその子孫が合法的に奴隷化されていた。アメリカ南部の実に95%をアフリカ人奴隷が占めていた。南部が発展する為に決定的に欠けていた労働力はアフリカ人奴隷によって解決された。ヨーロッパからの移住者たちは「藍・米・綿花」などの栽培をする為に多くの奴隷を所有し劣悪な環境で強制使役した。


ヨーロッパからの移民が、新世界に於いて嘗てないほどの経済機会とより大きな個人的、政治的、宗教的な自由を享受する一方で、拉致されてきたアフリカ人たちは鎖に繋がれ、自らの意志に反して輸送され、動産(奴隷)として売られ、特に米国南部の大規模農園(プランテーション)で白人の為に強制的に奴隷使役させられた。


「アメリカ大陸」には1200万人が「輸入」された。現在のアメリカ合衆国には、その内の5.4%の645,000人が買われていった。1860年のアメリカ合衆国の国勢調査では、奴隷人口は6.2倍の400万人に増加していた。その400万人の中には白人との混血も居た。白人が女性の黒人奴隷をレイプした動かぬ証拠である。


黒人奴隷を輸入するくらいなら、アメリカの白人はなぜアメリカインディアン(数少ない末裔達はNative Americanという呼称を好まない)を奴隷にしなかったのか? それは彼等アメリカインディアン達は白人への隷従を嫌ったからである。白人はアメリカインディアンを「ただ従順でないからと言うだけの理由で大虐殺した」のである。人類史上初の民族大虐殺(ジェノサイド)の原因はアメリカインディアンの「誇り」であった。 …返す返すも惜しい民族を失ったものである。


アメリカインディアンに比べてアフリカの黒人たちは比較的温順(おとな)しく従順であった。だから「奴隷」に最適であった。何れにせよアメリカインディアンもアフリカから拉致してきた黒人も白人たちにとっては人間として扱うに値しなかったという事である。アジアほぼ全域の植民地化、日本への都市部絨毯爆撃、原子爆弾の実験投下も、有色人種が相手だからこそ心を痛めもせずに実行できた。そこに人種差別は厳然としてあったし、悲しいかな現在も残っている。


アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史(The history of slavery in the United States)は、イギリスがバージニア植民地に初めて入植した直ぐ後に始まり、1865年のアメリカ合衆国憲法修正第13条の成立で表向きには終わった事になっている。併し、黒人奴隷が名目上人並みの扱いを受けるようになるまでには更に100年以上を要し、21世紀の今尚、人種差別的事件は全米各地で数多く発生している。アメリカという国自体に常にそういう負の側面が底流としてあり、現にトランプ新大統領は露骨な人種偏見を正当化している。私は「アメリカファースト」の行き着く先は単なる保護貿易主義ではなく究極的には「白人至上主義」なのではないかと考えている。


韓国人にもアメリカ人にも「朝鮮人を差別した」などと日本人を断罪する資格などないのである。米韓両国ともに声を大にして「恥を知れ!」と言いたい。


韓国政府と韓国国民、在日韓国人、韓国系帰化人、そして反日左翼日本人に問いたい。日本人が「朝鮮人少女20万人を組織的に拉致して性奴隷にした物的証拠」は何処にあるのか? 在るなら国外に売春婦像を設置したり、騒いだりする前に、日本に、そして国際社会にその証拠を示すべきではないか? 証拠も何もない妄想に基づく捏造を史実と誤認されてしまっては適わない。


「女性の普遍的人権」について言うなら、米軍慰安婦については正確な記録が在る筈だし、世界各地に自ら出向いて高給取りの性奴隷となっている韓国人売春婦の突出した多さについても忘れずに精査したらどうか。統一教会の合同結婚式で韓国に嫁いで行った日本人妻の人権は果たして護られているのか? 世界に韓国ほど歪な「性文化」「奇習」を持っている国は少ない。そして韓国は売春婦輸出国としては世界ナンバーワンの国家ではないのか? 外国で活動する韓国人売春婦は決まって日本人に成り済ます。日本で性犯罪を犯すのも通名報道で隠されて目立ちはしないが殆んど在日か韓国朝鮮系帰化人である。そんな恥知らずな韓国人に「性奴隷国家呼ばわり」されるのは甚だ迷惑である。