《戦後日本は長きに亘り、余りにも安穏と惰眠を貪り続けてきた。歴代自民党政権の不作為の罪は限りなく重い。併し、現状では自民党政権以外に日本を立て直す力のある勢力は居ない。ならば、政権政党が道を誤らず効率的に日本を再生させるよう、国民側が意識を変えて働きかけていくしかない。それは、現段階では余りにも非現実的な実現不可能に思える状況だが、大和民族の存亡を賭けて戦うと言う意識を持てない日本国民ならば、それはそれでそれまでの民族であると諦めるしかない。事実、我々は今しも滅びつつある》


一般に日本国民は「民度」が高いと言われている。事実、我々日本国民(=大和民族)は、様々な観点から判断して優れた資質を備えていると言えるだろう。一般的に「民度」を語る時の要素として考えられる、道徳律の高さや礼儀正しさ、規律正しさ、正直さ、生真面目さ、他人に迷惑をかけない配慮ができる、律儀さ、等々で判断すれば日本人は確かに高い民度を備えている。現代日本は、近隣諸国や欧米先進国などと比べても、治安は良いし、災害時などでも暴動は起きず、政治への不満があるにしてもデモが暴徒化するなどという事は先ず起きない。何よりも日本人は国民性として嘘を嫌う。そういう諸々の美徳ある国、日本に暮らす日本国民は押し並べて平和で幸せに暮らしている。


併し、「民度」という言葉に〈探究心や愛国心〉と言う「知的生産性」を含めた場合、果たして日本国民の「民度」は高いと言い切れるだろうか? 『東京裁判史観』に捻じ曲げられた「戦後教育」を盲信し、刷り込まれた「贖罪意識」を疑う事も忘れて、今の日本人は自分たちの祖父や曾祖父が悪い事をしたと信じ込んでいる。歴史的には極めて浅い昭和史すらマトモに知っている国民が少ない。愛国者=右翼だとレッテルを貼ったらそれ以上「愛国」という意味について考える事を止めてしまう。そして、一度教えられた歴史についても、それが真実かどうか疑う事をせず嘘か誤認か真実かどうかを探求する行為をタブー視して思考停止してしまう。その結果、日本に永住する外国人たちが嘘をついて被害者だと騙るのを鵜呑みにして、彼等の言い分を疑う事なく受け容れてしまう現代日本人は、決して賢い国民とは言い難い。こういう国民を総合的な「民度」が高いと言えるだろうか?


何よりも明らかに国際法違反により押し付けられた現行の「日本国憲法」を絶対視する教育とマスメディアの嘘を真に受けて、「大東亜戦争」に敗戦して以降の日本の平和は、所謂「平和憲法の第九条」により護り通されてきたと信じるに至っては愚かというしかない。九条にそれほどの力があるのなら「尖閣諸島や竹島、北方領土は日本の領土である」と明記すれば、日本が抱えている領土問題は解決するとでも言うのだろうか? 「民度」が高いと自負する国民が自国の置かれている状況について思考停止しているから、先人が苦労してつくった「大日本帝国憲法」に立ち戻って、日本人の手による憲法改正をハナから諦めて「現行憲法改正」こそが必要だとの彌縫論が所謂保守層の意見の大勢を占めている事に違和感さえ覚えない。原理原則を否定して彌縫主義に奔ろうとする今の保守層を支配する風潮は敗北主義であり堕落である。こう考えると、我々日本国民の知的レベルを含めた「総合的民度」は決して高いとは言い難い。


誤解のないように言っておくが、私は「大日本帝国憲法」を絶対視も崇拝もしていない。当時としては、実によく考えられた優れた憲法であったが、過去を学んだ現代日本人が持っている経験と知識で粗探しをすれば、不備な点は幾つも見付けられる。近代法治国家を標榜する我が国の国民ならば、法律を遵守する事は当然の事として、自分たちの国家をより良くする為には、今ある憲法を絶対視するのではなく、常により優れたものに変えていこうと考え続けられるようにならなければ、自ら「民度」が高いなどとは言えない。我が国が自らの手で「憲法」をつくったのは、長い歴史上「十七条憲法」と「大日本帝国憲法」制定の二回だけである。三回目の所謂「日本国憲法」は、「国際法」にも「大日本帝国憲法」にも抵触した状況下で力により認めさせられた「占領時統治法」でしかない。日本人は日本人としての誇りを取り戻すべきだとしたら、自分たちの先人がつくった「大日本帝国憲法」を現代日本人が総力を挙げて、これからの日本国が必要とするように改正するしか道はない。


これを非現実的だと言う者は、自分が思い通りにならない現実に妥協し過ぎている事を正当化している事に気付いていない。確かに、現実の日本国民は救いようもないほど堕落し、本来あるべき日本人像から遠くかけ離れてしまっている。現行憲法の改正にすら多くの国民が反対する現状は、我が国国民の「民度」が悲惨なほど低いという事に他ならない。安倍首相は2020年には現行憲法をほんの一部だけ改正すると発表された。併し、現状の日本国民の念仏平和主義が変化しない限り実現は難しいのではないかと思うし、寧ろ、その程度で一段落されては、本来的な改憲努力が停滞してしまうという弊害が予想される。北朝鮮のミサイルが日本に着弾でもすれば、国民の意識は変わるかも知れないが、先ずそんな事は起きないだろうし、起こしてはいけない。私は、今の日本がどうしても解決しなければ、将来立ち行かなくなる重要課題は三つに大別できると考えている。


一つ目は、『東京裁判史観』からの脱却。これは、中共や韓国からの「歴史戦・プロパガンダ戦」に堂々と反論できる、詰まりは、我が国の先人が積み上げて来た誇りを護り抜き、国際社会から軽蔑されない主権国家に立ち直る為には絶対に避けては通れない道である。

二つ目は、『憲法改正』を成し遂げる事。これもまともな主権国家として再生する為には絶対必要条件である。現状の国民意識を変える努力をしないまま現行憲法の改憲で済ませるのでは弊害のみが残る。堂々と史上二度目の憲法を時代と国際社会の趨勢に応じて改憲するという高い意識で「大日本帝国憲法」改正に臨むべきである。

三つ目は、『在日韓国朝鮮人問題の解決』である。これこそは、日本(=大和民族)が事実上の消滅を免れる為には、絶対に曖昧にしたままで前に進んではいけない甚だ厄介な重大な問題である。


そして肝心な事は、これらを単独で解決しようと試みるのは不可能であると確と認識する事である。便宜上、理解し易く三つに大別してはみたものの、これらは全てが密接に繋がっており、根は一つなのである。どれか一つだけ取り繕えば良いと言う問題ではない。だから現行憲法改正に拘る安倍首相の考え方には賛成しかねるのである。其々の問題を語る評論家や識者たちに言えるのは、現代日本が直面している問題を巨視的に、或いは総合的・根本的に捉える力が欠如していると言う事に尽きる。インド発祥の寓話に「群盲、像を評す」と言うのがあるが、日本の政治家・知識人・評論家の諸先生方が、今正に陥っている陥穽と言える。現行憲法改正のみに焦点を当てていては根本的問題を見失ってしまう。これは誠に大きな問題であり、当ブログの一回の更新記事で論じ切るのは無理である。今後、折に触れ解き明かしていきたい。


一つ確実に言える事は、今回、安倍首相が発表されたような、『東京裁判史観』からの脱却も疎かにしたまま、『在日韓国朝鮮人問題の解決』も放棄して、「現行憲法改正」のタイムスケジュールを発表するなど、失礼を承知で言わせていただけば、余りにも思慮浅く無謀過ぎる。小さな事から外堀を埋めていくように、国民意識を少しづつ変えて行かなければ日本再生の為の諸問題の解決は無い。先述した三つの問題を同時進行で改善していく為には、そもそも「教育改革」や、事実上在日に支配されてしまった「マスメディアの改革」にメスを入れなければ、国民意識は微塵も変化しない事に思いを致すべきである。誤解して欲しく無いのは、教育改革やマスメディア改革、等々、全てのお膳立てが整ってから、核心部分の解決に着手しろなどと悠長な主張をしているのではない。全てを連動させて物事を進めて行かなければ間に合いはしない。日本はそこまで瀬戸際に追い詰められている。


国際社会の趨勢は、主要各国が国策の失敗という苦い経験から、トランプ米大統領の「アメリカ・ファースト」や、英国の所謂「ブレグジット」、そして敗れはしたもののフランスのマリーヌ・ルペン党首の躍進に見られるように、「反人権・非寛容」の潮流にシフトしている。日本だけが、国民に課せられるべき「責務」を疎かにしたまま、個人の「権利」のみを最大限重要視するという悪しき亡国憲法を改める気配がない。今の日本は不必要と言って良いほどの「過剰な人権擁護と過剰な寛容精神」に溢れている。「責務」を軽視し、個人の「権利」だけを最重要視する元凶こそが現行の所謂「日本国憲法」全体に流れる無責任な思想なのである。これは現行憲法改正で改められる問題ではない。所謂「日本国憲法」の根幹を成す思想こそが、日本を無力化し、亡国の淵に追いやる目的を持った思想なのである。この事実を見失っている日本の指導層には、このままでは我が国と大和民族が滅びに向って突き進んでいる現実が見えていないと言わざるを得ない。