《「差」があるから「別」に対応して何が悪いのだろう? 「在日擁護法」ともいうべき、所謂「ヘイトスピーチ対策法」を立法化した現政権を私は支持できない。「日本の韓国化」を放任したまま「亡国憲法改正」を目指す現政権に「気高き大和民族の精神性」を再生させ、その資質を子々孫々に伝えていく大義が理解できるとも思えない》


日本人は「差別」と言う言葉には滅法弱い。「差別だ」と在日や反日左翼に決め付けられると大抵の日本人は狼狽える。併し、差別が悪い事だなど誰が決めたのだろう。同じ人間でも男女間には明らかな違いが有る。また人間の能力は人によって大きく異なる。つまり区別や格差は、人間が人間である限り避けられない問題であるのだ。「差」が有るのだから「別」に扱う事は当然の事なのである。


教育現場に於ける教諭や教授は学生と同じではないし、先輩と後輩の関係では平等などあり得ない。実社会でもプロフェッショナルとアマチュアは平等に扱われるべきではない。様々なものを犠牲にして、努力や苦労を重ねた、経験豊富な働き盛りの企業戦士(少々古い言葉か?)と入社したての研修生に能力差があるのは当然だし、同じ報酬を得られる筈もない。


社会生活で、全ての者が平等に扱われる事など絶対に無いし、人々は否応無しに「差」をつけられ、実力に応じて「別」に扱われる。スポーツでも、得点をあげたチームは勝利し、高得点を獲得した受験生は不合格者を尻目に合格の喜びを味わう。そうした篩い分け(ふるいわけ)の結果として、高学歴者は低学歴の者より高収入の仕事に就ける確率が高まる。


人間社会では区別や格差、そして「差別」は、日常茶飯の如く行なわれ、実生活に於いて日本人はその現実に不満を持ったりはせず、極普通の事として受け容れて生活している。


普段から、「格差・区別・差別」を極当たり前に受け容れておきながら、日本人は「差別はいけない事だ」という善悪二元論のイデオロギーで非難されると狼狽え、反論する事さえできなくなってしまう。よく考えてみれば「差別」それ自体が悪いのではなく「偏見」や「思い込みによる侮蔑」「見下し」が悪いのである。確かに「差別」という言葉には侮蔑のニュアンスがついてしまっているから、言葉遣いには注意が必要だが「差」が有るから、その「差」に応じて「別」に扱う事は至極当然であり、殆んどの人は意識せずに自然に受け容れている。


努力が必ず報われる保証はないが、努力しない者より努力した者の方が高い確率で報われる。これは全く当たり前の事であり、誰も疑問に思わない。「機会均等」は良いが、「結果平等」は不公平であり、そんな優劣のつかない社会では、馬鹿らしくて誰も努力などしなくなってしまう。努力した者と、何もしなかった者が平等に扱われる社会の方が「不公平」なのである。それは国家、民族に置き換えてみても同じである。長年の誠実な努力の積み重ねにより世界から信用される日本人と、スポーツマンシップの意味も知らず、嘘ばかりついて、他国に迷惑ばかりかけて、世界から信用を得られない民族が「差」により「別」に扱われる事は当たり前の事である。


併し、「差別」を正々堂々と自信を持って実践するには欠かす事のできない条件がある。それは、儒教で言う「仁」であり、弱者への思い遣りを持つ事である。仏教が教える「慈悲の心」を失なってはいけない。日本人が自然に身に付けている「和の精神」を欠いてもいけない。特に日本人・大和民族は、我が国開闢の精神である「八紘一宇」の精神を大切にするべきだ。「差」を当然と見做し、「差」に基づく扱いをしながら「仁」「慈悲」「和の心」「八紘一宇」の精神に基づき、相手を尊重し、思い遣る心が大切なのである。


神武天皇の「八紘一宇」の御勅令の真の意味は、天地四方八方の果てに到るまで、この地球上に生存する全ての民族が、あたかも一軒の家に住む家族のように仲良く暮らす事。つまり世界平和の理想を掲げたものである。昭和天皇が「天地の神にぞいのる朝なぎの海の如くに波たたぬ世を」とお詠みになっているが、この御心も「八紘一宇」の精神である。


ブリタニカ百科事典では、「八紘一宇」を、「世界を一つの家にする」を意味するスローガン。第二次世界大戦中に日本の中国、東南アジアへの侵略を正当化する為のスローガンとして用いられた。 …と一方的・否定的に記述されている。併し、当時の日本人は「八紘一宇」と共に「五族協和」を唱え、「大東亜共栄圏構想」を描いていた事は紛れもない史実である。我が先人の最終目標は、「白人による有色人種に対する植民地支配から、アジアの同胞を解放し、行くゆくは対等貿易ができるような国同士となって共存共栄を実現したい」という高邁な理想であった事を忘れてはならない。


1919年のパリ講和会議の国際連盟委員会に於いて、人類至上初の「人種差別撤廃提案」をした日本が、アジアの同胞を人種的偏見に基づいて武力により強制的に植民地支配しようなどと考える訳が無いではないか。我が先人は、白人たちが犬か豚のように見下していた、朝鮮半島の原住民を、我々と同じ人間として厚遇した。日本人なら、数々の歴史的証拠を基に、そう信じるのが自然である。そのように真実を教育してこなかった歴代自民党政権が異常だったのである。


併し、誠に残念ながら現代の日本政府と日本国民は、悪意ある『東京裁判史観』と、それを丸々受け容れた間違った「戦後教育」をそのままに放置する怠惰により、真実から遠くかけ離れた教育を受けている。先人が嘗て、武力により朝鮮半島を侵略し、否応無しに植民地にして、朝鮮人を強制連行したり、性奴隷にしたりして、一方的に酷い事をしたとの虚偽の史実で洗脳されたままでいる。先人の高邁な理想が理解できないように日本政府自体が『東京裁判史観』を肯定しているのだから、国民がそれを信じて当然である。


現政権自体が「戦後レジームからの脱却」や「日本を取り戻す」などの、これからの日本にとって最も大切な概念を、実現する気もない単なる選挙用スローガンに貶め、選挙後は「戦後レジームからの脱却」どころか、『東京裁判史観』を押し付けた米国の言いなりになって、「戦後レジームからの脱却」を見事にかなぐり捨ててしまったのだから、多くの日本国民が、『東京裁判史観』=「戦後レジーム」からの脱却など、できよう筈もない。


敗戦後の日本国民は、GHQ/SCAP にこれでもかとばかりに強圧的な言論統制を受け、それを恐れて自己検閲するようになり、偽りの歴史観の深みに嵌り、洗脳され続けてきた。日本政府は、サンフランシスコ講和条約発効後も、敗戦利得者・反日左翼や日本人を憎む在日たちを一掃する努力を怠ってきた。彼等により強引に受け継がれてきた「偽りの贖罪意識」から逃れる努力を怠ってきた。戦後日本の誤りは全て『東京裁判史観』という、日本を無力化する為に植えつけられた偽りの歴史観を正す努力を怠ってきた歴代日本政府の不作為に依るものである。


ほんの一昔前までは、閣僚が「日本は昔、韓国に対して良い事もした」とか「慰安婦の強制連行など無かった」と少しでも真実を主張すれば、マスメディアによって辞任に追い込まれた。実際、そういう閣僚を何人も見てきた。今でもマスメディアは、反日左翼や在日たちにより手酷く汚染されているから、著名人がそういう事を言うと叩かれるかスルーされてしまう。そもそも韓国や在日を悪く言う者はマスメディアが起用しない構図が出来上がってしまっている。テレビに出演する言論人は殆んど『東京裁判史観』肯定派や「日本国憲法」の信奉者、所謂「護憲派」である。然も、真実の露呈を恐れ、虚言を弄する在日韓国人の大学教授などが重用されている。


日本の中枢は、怠慢としか言いようのない、日本政府の「法整備の不備」の放置により、在日たちに殆んど抑えられてしまっている。立法府(政界)も、行政府(官僚や地方公務員)も、教育機関も、法曹界も、財界も、マスメディアも、出版界も、芸能界も、皆驚くほど在日たちが決定権を持つポジションに就いて権勢を振るっている。立法府と行政府、教育機関とマスメディアが在日勢力に抑えられてしまったら、「大和民族の気高き精神性」の復活などできる訳がない。現在の日本は絶望的とも言える危機に瀕しているという自覚すら持てない仕組みが、ほぼ完成しつつある。


併し、ネットが普及した現在では少なからぬ日本人が、在日たちの言説は虚偽である事を知るようになった。少なからぬ日本国民に、在日は出稼ぎに来たり、密航してきた人たちであるという真実が知れ亘ったし、在日の反日活動家に反感を持つ日本人も相当数に増えてきた。「日韓併合」も、朝鮮民族の国と国民に望まれて、国際法に則って条約を結び、何の問題も無く平和裡に進められた事を、普通の日本人もその気になりさえすれば知る事ができる。


併し、文科省の検定を通過した中学校の歴史教科書には「日本は武力により朝鮮を植民地支配しました」などと、未だに韓国政府や在日たちの嘘の主張をそのまま載せている。これでは、ネットなどで真実の歴史に触れる前の思春期のいちばん多感な青少年に、日本政府が捏造史観を刷り込んでいる事になる。これを改めようともしない自民党政権の議員たちの歴史観と良識を疑う。


敗戦後の日本は、GHQ/SCAP により「在日朝鮮人を戦勝国民と同等に扱え」との通達を受け、政治家も教育者もマスメディアも全てそれに従った。従わざるを得なかった。日本人を無力化したい GHQ/SCAP の洗脳統治に逆らいそうな気骨あるリーダーたちは、日本に長年住んで日本の事情に詳しい在日たちの情報を基に発令された「公職追放令」により悉く第一線から退けられ、それまで冷や飯を喰わされていた無能とも言える反日左翼に取って代わられてしまった。


それを正そうともせず、放置してきたから、サンフランシスコ講和条約発効後65年も経つというのに、日本は未だに反日左翼や在日たちの亡国思想に囚われている。日本の中枢は殆んど在日たちに抑えられている現実は、心ある日本人を戦慄させているが、政権与党の自民党自体が保守を僭称しながら、その実態は親米左翼政党なのだから、掛け声ばかりで行動面では、『東京裁判史観』からは絶対に脱却しようとしない。


日本の敗戦時に朝鮮人が日本人に対して為した、破壊工作、集団強盗、物品略奪、土地強奪、殴打暴行、婦女子への強姦、理由なき殺人、など凡ゆる犯罪の史実は、一部の自ら真実を学び、行動しようとする日本国民には知られるようになったが、日本政府自体がこの有様だから、多くの普通の日本国民の覚醒を妨げている。日本政府自体が在日たちの工作である史実隠蔽に加担しているのである。


日本をこれほど酷い国にしてしまったのは、実は歴代自民党政権である。この現実に気づかない日本国民を育てたのも自民党であり、選挙で自民党を勝たせ続けた日本国民の成せる技である。現在の安倍首相は今までの自民党党首よりは多少マシに見えるから長期政権となる事が予想されるが、所詮は日本を破壊し続けてきた自民党政権である以上、日本国民を『東京裁判史観』から覚醒させてはくれないだろう。


我が家は代々、自民党支持者であった。私も第二次安倍政権には大いに期待もした。併し、今ではその投票行動を深く悔いている。もっと早く真実に目醒めるべきであった。多くの日本国民は、自民党政権の利権あさりや恣意的不作為により知的水準が低いお花畑の住人に堕してしまった。何しろ GHQ/SCAP が、日本を無力化しようとの悪意を持って押し付けていった現行憲法を大切な護るべき憲法だなどと言っているのである。


安倍政権は、この「亡国憲法」を、2020年を目処に少しだけ改正しようと真顔で主張している。そんな事で保守を気取る暇があるなら、強い軋轢が予想されようとも、日本の中枢を在日に抑えられている現実にメスを入れ、徹底的に日本人の手に取り戻して、『東京裁判史観』から日本国民を解放する事の方が余程、喫緊の課題である。


日本を無力化するという明確な目的で押し付けられた現行憲法を否定せずして「気高き大和民族の精神性」は絶対に取り戻せはしない。「気高き大和民族の精神性」を失なうという事は「大和民族の滅亡」を意味する事に気付かぬような首相の下では、「ツギハギされた亡国憲法と韓国化した日本」が残るだけである。差し詰め所謂「ヘイトスピーチ対策法」などはその為の法整備の第一歩なのだろう。


1965年、日本は「竹島」を強奪されたまま、米国の指示に従って、不当に拉致された4000人近い日本人漁民を人質に取られながら、まるでテロリストと交渉するように、韓国と「日韓基本条約・日韓請求権協定」を結び、無償で3億ドル、有償で2億ドル、民間借款で3億ドルを韓国に与えた。その上、朝鮮半島に残してきた日本の官民所有の全ておよそ53億ドル相当という莫大な額の資産を放棄している。その上、技術移転や販路指導などやり過ぎと言えるほど日本は韓国という敵対国に尽くしてきた。当時も、謝罪や賠償はこれで最終決着したと言われていた。


だから如何に朝鮮半島有事の為に備える必要があると米国に指図されたからと言って、改めて先人の顔に泥を塗るに等しい「日韓合意」などするべきではなかった。細川護煕、村山富市両首相の日本の侵略発言や、河野洋平官房長官談話より以上に「日韓合意」は英霊を冒涜した。朝鮮民族相手に「最終的、且つ不可逆的な国家間の約束」など意味を為さないばかりか、「日韓合意」の海外に於ける報道は、日本政府の意図したものを遥かに超える酷い内容のものであった。これで海外に居住する日本人の子供たちは支那系や韓国系の現地の悪ガキどもに一方的に虐められ続ける事になった。日本政府は、それに加担したのである。


日清戦争では日本は清と命をかけて戦い、清の冊封国であった大韓帝国(実態は李朝)の独立を認めさせた。そして、武力に依らず、合法的に、大損を覚悟で大韓帝国の希望通りに朝鮮民族を日本国民として迎え入れた。併し、これらの史実を日本政府は日本国民に教育すらしていないし、ひたすら韓国や中共に尽くすマスメディアを65年間も放任し続けてきた。正しい歴史観を持てなければ、心優しく、謙虚な日本人は、ただのお人好しの愚か者でしか無い。


偉大な歴史家アーノルド・トインビーは、「12~3歳頃までに建国の神話を教育しない国は例外なく滅んでしまう」と著作で述べている。トインビーの見解が絶対に正しいとは限らないが、日本は「建国の神話」を教育する事を、GHQ/SCAP に禁じられたまま、現在に至るもそれを正していない。歴代自民党政権は、「大和民族の気高き精神性」再生に利する事は何もしてこなかった。現政権も、その最も重要な使命に手をつけないまま、「亡国憲法改正」に意味のない精力を浪費している。


反日教育を始めたのが、自国民を大虐殺した初代韓国大統領李承晩である。李承晩時代の韓国の識字率は日本統治時代にゼロから押し上げた64%程度に留まっていた。朴正煕大統領の時代に韓国の識字率は100%に近づき、反日教育という洗脳が遍(あまね)く全国民に行き亘った。その反日大統領の言葉は、以下のようなものだったが、自民党政権はその程度の事実も日本国民に教育しなかった。


『併し、あの時、我々は自分たちで選択したんだ。日本が侵略したんじゃない。私たちの先祖が選択した。もし清国を選んでいたら、清はすぐ滅びて、もっと大きな混乱が朝鮮半島に起こったろう。もしロシアを選んでいたら、ロシアはそのあと倒れて半島全体が共産主義国家になっていた。そしたら北も南も完全に共産化された半島になっていた。日本を選んだという事は BESTとは言わないけど、仕方なしに選ばざるを得なかったならば、Second Bestとして私は評価もしている』 

朴正煕(当時)韓国大統領


こんな発言を親日的発言と評価する日本人は少し感覚がズレているとしか思えない。「Second Best」とは何事か? Second と言うからには First の選択肢があったとでも言うのだろうか? 「日韓併合」は、日本にとっては「最悪の選択」であったが、大韓帝国・朝鮮民族にとっては『最良の選択』であった。正に BEST の選択であったのに、朴正煕氏は「日本を選んだという事は BEST とは言わないけど…」などと素直に日本に謝意を表そうとしなかった。


朝鮮民族とは「決して日本に感謝の心など持てない民族」なのである。朝鮮の「植民地史観」の中に『停滞性論』と言うのがある。朝鮮の歴史は、日本のような中世の封建制がなく、古代のまま停滞しており、日本の平安時代のレベルに止まっているとするものだ。福田徳三は、20世紀初頭の朝鮮の経済を「借金的自足経済」とし、日本や欧州より1000年以上遅れているとした。(私見だが、女性作家で歌人の紫式部や清少納言が活躍した平安時代の日本の方が、李氏朝鮮より数段文化レベルが高かった)


1000年以上も何ひとつ発展出来なかった朝鮮民族が、日本の力で近代化できた様に、独力で近代化出来た訳が無い。併し、韓国人は「日帝強占がなければ朝鮮民族は独力で米国を凌ぐ近代先進国になっていた筈だ」などと有り得ない妄想に耽溺している。朝鮮民族にとって「日韓併合」は大いなる福音であった。朝鮮民族にとって「日韓併合」こそが正に BEST な選択であった。それを認める事が出来ないと言う事は「朝鮮民族とは明らかに普通の民族の理解力に遠く及ばない民族」という事になる。こうした歴然とした「差」を持つ民族は「別」に扱わざるを得ないではないか。民族の資質そのものが狂っている。


大恩ある日本人に対して… 昨日まで苦楽を共にした日本人に対して… 敗戦に打ちひしがれた日本人に対して… 筆舌に尽くし難い塗炭の苦しみを味合わせた朝鮮民族は、恩を仇でしか返せない、明らかに「気高き大和民族の精神性」に遠く及ばないほど劣っている。彼等は、恩知らずで、残忍で、嘘つきである。


そんな彼等の嘘の主張を擁護し、真実の歴史を証拠に基づいて反論しようとする数少ない日本人の心の叫びを封殺する「悪法」をつくり、自ら持つ多数の議席で国会を通過させた現政権に多くは期待できない現実に、一人でも多くの有権者に気付いて欲しい。


闇に葬られている昭和史の真実に日本国民が目醒めたなら、朝鮮民族や在日に対する「差別感情」は持って当然であるし、日々、日本を「韓国化」させている現政権が劇的に変わるか、全く別の真性保守政党が政権を取れるような社会にならない限り、「気高き大和民族の精神性」は、この地球上から消滅する。大和民族は絶滅危惧種なのである。


本稿の冒頭で述べた、「仁」「慈悲」「和の心」「八紘一宇」の精神に基づき、相手を尊重し、思い遣る心で朝鮮民族に接した先人の試みは見事に裏切られた。日本の善意は朝鮮民族に限っては全く通用しなかった。朝鮮民族に二度目のチャンスを与える余裕は、もはや日本にはない。


大日本帝国の慈愛に満ちた「日韓併合」という大恩に仇で報いた朝鮮民族・在日たちは、「慈悲」の心や、人間的配慮など一切無縁の「差別」を受けて当然の民族なのである。二度も騙される愚は犯すべきではない。「気高き大和民族の精神性」に目醒め、その資質を子々孫々に受け継いでいく為には、日本人は、性根から邪悪な朝鮮民族と本気で戦って勝ち抜き、生き残らなければならない。今の日本には、国際社会の偽善的批判に配慮する余裕などない。