《今の日本は、日本人より在日の方が生き易い世の中になっている。マスメディアや公務員、一流企業などの入社試験では、日本人より在日である事の方が強みとなっているのが今の日本社会の実態である。在日は「被害者」を装って、日本人より有利に世渡りをしている。こんな日本にしてしまったのは、歴代自民党政権である


日本が大東亜戦争に敗れた結果、海外領土を失なった日本人は、満州や朝鮮半島などから日本に引揚げてくる事になった。満州からの引揚げルートに朝鮮半島を選んだ日本人は、朝鮮半島在住の日本人同様、日本の歴史始まって以来と言える蛮行の果てに陵辱を受け、更に強奪と殺戮の嵐に見舞われた。日本人の多くは長年日本人として苦楽を共にし、大東亜戦争を共に戦った朝鮮人が、敗戦と共にケモノに豹変するとは予想だにしなかった。


朝鮮半島では日本人引揚者と在朝邦人たちが、朝鮮人に金目のものを強奪され、女性は年齢を問わず強姦された挙句に男性たちと同様に多くが殺戮された。後に米国や旧ソ連から独立した南北朝鮮の国家では、この「日本人大虐殺」を無かった事のように振舞っている。そして、あろう事か日本政府も、この朝鮮半島に於ける「日本人大虐殺」と「敗戦直後の在日たちの蛮行」を戦後ずっとタブー視して口を噤んできた。朝鮮の地で多くの孤児を引き取って、養い親をしていた日本人夫婦が、敗戦と同時に孤児たちに養父は撲殺され、昨日まで母と慕われていた養母は孤児たちに集団強姦の上、惨殺された話は余りにも有名である。


「和夫一家惨殺事件」である。夫妻には娘が一人居たが、その娘は余りの衝撃に精神が錯乱してしまい、事件後しばらくの間、付近を彷徨ったというが、少女を助ける村人は一人も現れず、少女は餓死して弔われる事もなく放置された。支那には日本人残留孤児が大勢生き残ったが、朝鮮半島に日本人残留孤児は一人も居ないのは朝鮮人のケモノ性ゆえであろう。支那人は働き手として残留孤児をこき使ったのかも知れないが、少なくとも命までは奪わなかった。朝鮮人は日本人孤児を皆殺しにしたのである。反日教育など始まるずっと以前の仕業である。


運良く引揚げ船に乗り込めた日本人女性の多くは朝鮮人に孕まされ、ある者は船から身を投げ、日本に辿り着いた女性は、麻酔もなしに堕胎した。二日市保養所である。ここでは多くの女性が命を落とし、非業の死を遂げた女性たちの為に慰霊碑が建てられている。


敗戦直後、日本には2,100,000人の朝鮮人が居た。彼等の内、少なからぬ者たちは徒党を組んで戦勝国「朝鮮進駐軍」を僭称して、日本各地で蛮行の限りを尽くした。駅のホームで、路上で、日本人を撲殺し、至る所で日本女性を強姦した。役場や警察署、刑務所までも襲撃し、徒党を組んでは税務署や役所などに押しかけ、無理難題を主張し、所謂「在日特権」を次々に獲得していった。彼等はそういう卑劣な行為を恥もせず、民団新聞などで自慢している。愚か者は自らの罪の証拠を残すものだ。


主が疎開中の空き家を狙って勝手に侵入し、勝手に住み、居座った。居住者が居たり営業中の店舗であっても、その物件が欲しければ強引に追い出して我が物とする朝鮮人も大勢いた。朝鮮人経営のパチンコ屋・金貸し・焼肉屋の多くが駅前の優良な土地に在るのは、その為である。在日たちが主張するように日本人に差別的扱いや酷い目にあっていたのなら、こんな事は有り得ないだろう。


このように、在日たちは一貫して日本人に対する「加害者」でありながら、サンフランシスコ講和条約発効後、日本政府が自らの力で治安を回復すると、いつしか「自分たちは日本人に酷い差別を受けた」などと「被害者」を装うようになった。「慰安婦だ、性奴隷だ、強制連行された、就職で差別された、通名を使うななどと酷い事を言われた」などと、嘘をついては簡単に有利な立場を得たり、カネが手に入る「被害者ビジネス」を始めた。


「被害者ビジネス」のぼろ儲けに味をしめると、在日は「被害者」の立場を決して手放そうとしなくなった。実際には「加害者」であり、日本国民よりも不当に税制優遇され、不当に生活保護を受け取れるという所謂「在日特権」の上に胡座をかいて、日本国民より日本政府や自治体から有利な待遇を受け、日本国民よりいい暮らしをしているのである。詳細な仕組みは分からないが、韓国朝鮮系の企業や店主はまともに税金を納めていないという。真面目に納税している日本企業や個人事業者に勝ち目はない。


197610月、社会党(現社民党)の高沢寅男により、国税庁と朝鮮人商工会(在日韓国商工会議所/在日朝鮮商工会)との間で、税金の取り扱いが決められた

在日企業のすべての税金問題は、朝鮮人商工会を協議窓口とし、解決 

朝鮮人商工会の会費は損金として認める 

学校運営の負担金に対しては前向きに解決する 

経済活動の為の第三国旅行の費用は損金として認める 

裁判中の諸案件は朝鮮人商工会と協議して解決 

これにより、在日企業に個別税務調査が出来なくなり、脱税し放題になったという。

  別冊宝島「ザ・在日特権」) 


彼等を長年に亘り野放しにして、日本をこんな国にしてしまったのは日本人自身である。在日を日本国民より優遇しようとする国会議員たちや、戦後の混乱期に徒党を組んで税務署や役所に押しかけて強硬に待遇改善を要求する在日たちに毅然と対応せず、一歩も二歩も譲ってきた自治体の役人の事勿れ主義だったのである。そして長年日本政府を預かってきた与党政権が、問題発見の努力をせず、問題に気づいても見て見ぬ振りをして放置してきたからである。日本国民は「朝鮮民族の為の日本」をつくりあげた真犯人が誰なのかを究明し、国民の権利として改善要求していくべきである。


日韓併合中に来日していた朝鮮人は、2,965,000人に上る。その内、自由渡航者は2,208,000人。留学、結婚、就職などを理由に渡航してきた者たちである。統計にあがらない、残り約25%は不正渡航者(密航者)であろう。自ら好き好んで密航してくる朝鮮人がこの時点で757,000人も居た。これほど大勢が自由意志で日本に押しかけてくるのに、わざわざ強制連行してくる理由がどこにあろう。調べれば簡単に分かる嘘をつくのは朝鮮民族が持って生まれた恥ずべき資質のひとつである。


日本の敗戦時である、1945年の時点での在留朝鮮人は、2,100,000人も居た。敗戦による帰国事業で、1,500,000人が半島に帰って行った。残り600,000人は頑として帰国に応じなかったし、なぜか韓国政府も在日の帰国を拒み続けた。当時の首相、吉田茂は「朝鮮人は7割は職にも就かず、悪い事ばかりする。日本人の子孫にツケを残したくないから、帰国費用は日本が負担するので、朝鮮人は全員、半島に帰したい」とマッカーサーに陳情した。併し、聞き容れられなかった。これは吉田茂の書簡として残っており、重要な証拠と言える。


1959年の朝日新聞には、外務省の調査による当時の「徴用朝鮮人」の人数の記事がある。そこにはハッキリと245人とある。この245人は帰国事業に応じなかった600,000人に含まれ、彼等は日本で子孫を残し、その子孫たちも朝鮮半島への帰国を拒否している。これの何処が「強制連行」などと言えるのか?


2015115日に放送された、NHKの「ニュースウォッチ9」で、当時の大越健介(在日)キャスターは「在日コリアン1世は強制連行で苦労された方々」との発言をした。この発言の直後に彼はワシントン支局に転勤という形で匿われ、ほとぼりが冷めるまでの間、暫く姿を見せなかった。番組はリニューアルされ、出演者も様変わりした。在日たちが実権を握るマスメディアが大越氏の虚偽発言を問題視する筈もない。大越氏の虚偽発言は、当日もその後もうやむやなまま、どこのマスメディアにも取り上げられず忘れ去られた。


反日活動家の辛淑玉氏は、嘗て、日本テレビの深夜番組「朝まで生テレビ」という番組出演中に、視聴者やスタジオ参観の日本人学生に向かって「在日は貴方たちが強姦して出来た子」と言って退けたが、帰化朝鮮人司会者の田原総一朗氏はじめスタジオ参観者は誰一人反論しなかった。勿論、番組の最中も事後もテレビ朝日の訂正はない。『東京裁判史観』に歪められた戦後教育を受けて育った普通の日本人には、辛淑玉氏の虚偽発言を論理的に反論できる者など居る筈もない。日本国民全体が偽りの贖罪意識を植え付けられていたのである。それは現在も変わっていない。


これは非常に重要な大問題である。辛淑玉氏の虚偽発言が重要なのではない。在日たちの嘘なら他にも五万とある。在日たちの虚偽の主張が、サンフランシスコ講和条約発効後も、上述の辛淑玉氏の虚偽発言の時点も、そして現在も、彼等の捏造史観が問題視される事もなく、一部は日本人の青少年が学ぶ教科書にまで虚偽記載されるようになってしまった事が重要なポイントなのである。日本は戦後一貫して着々と韓国化への道を邁進している。この勢いが後退した事は私が知る限りは一度もない。


2011831日に韓国で放映された、韓国SBSテレビの番組で、李明博(当時)韓国大統領は「我々は既に日本を征服している。日の丸が韓国旗に変わるだろう」などと発言した。番組タイトルは「たった60万人の在日韓国朝鮮人に支配された1億人の日本人奴隷」という衝撃的なものだった。


李明博氏は、「北朝鮮の復興は心配ない、日本にやらせるのだ。私が日本に全てのカネを出させる。我々は既に日本を征服しているからだ。奴らのカネは我々が自由にできる。日本人は何も知らない。フジテレビが証拠だ。日本人はよだれを垂らして見ているだけだ。私に任せろ。日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された私の兵隊だ」現役の韓国大統領が自国内とはいえ、マスメディアで「日本征服完了宣言」とも取れる発言をしたのである。更に「朝鮮民主党の噂は本当らしい。今年10月から日本人の全住民データは朝鮮半島で処理される事になっている。日本人の家庭内秘密まで売っぱらったヤツがいるのだ」とまで発言している。


この事実を日本政府は黙殺(=黙認)したし、在日たちに主導権を奪われた日本のマスメディアもスルーしたから、テレビや新聞しか情報源を持たない日本国民は、現役の韓国大統領のこの発言を知らない。ネットを見る層でも政治に無関心な者は、この発言に注意さえ引かれなかっただろう。当時は民主党(現民進党)政権末期だったが、跡を継いだ第二次安倍政権も全く問題視した気配はない。在日の為の党である民主党政権が黙認した事には驚きもしないが、「日本を取り戻す」をスローガンに選挙戦に勝利した、安倍政権が何の反応も示さない理由は理解できない。


その後、公式に日本企業であると主張していたLINE株式会社はアプリ利用者を着々と伸ばし、盤石の体制となると、実は韓国企業であると公式発言を撤回した。日本に於けるLINE利用者数は、20172月時点で、6,600万人と言われ、月間アクティブユーザーは20億人に迫る。日本の多くの大学では授業でLINEを正式利用している。通信キャリア大手のソフトバンクテレコムは、韓国通信最大手のKT Corporationと合弁し、20117月に、データセンターを韓国に移転した。李明博氏の言った通りになった。


これらの実態を、日本政府もマスメディアも全く問題視しないが、日本国民の個人情報が、異常なほどの反日教育をしている韓国に筒抜けであるのは問題視すべきである。また、LINE SoftBank の他にも、NTTdocomo は、アンドロイドスマホの「あんしん遠隔サポートサービス」を韓国RSUPPORTに全面委託しているから、1,000万人を超える docomo 利用者の個人情報は自動的に韓国に漏洩していると見ていい。極め付きは、民主党政権時代に民主党主導で、日本年金機構と前述の韓国KT Corporationを契約させた為に、日本国民の年金情報が漏洩してしまうという問題も起きている。


何よりも、政界・財界・行政府・法曹界・教育界・メディア界・出版界・芸能界・スポーツ界、等々、韓国企業や韓国朝鮮系帰化人・日本国籍を持たない在日韓国朝鮮人たちに日本が席巻されている状況は深刻である。日本の一流企業にも韓国系資本や人材が入り込んでいる。その実態は一般国民の想像を遥かに超える危険水域に達しているし、国民の誰もが日本企業と疑わない有名企業が実は韓国系である実態も驚くほど多い。日本の中枢と高所得者層に占める韓国系の多さには慄然とする。


半世紀以上も日本の政権政党として日本国の運営を任されてきた自民党は、一体何をしていたのだろうか? 日本の有りとあらゆる枢要な分野に於ける韓国系の影響力がこれほど支配的になるまで、日本政府は何もしてこなかった。否、寧ろ韓国系の影響力強化を後押ししてきた節がある。日本の韓国化を推進してきた主犯は歴代自民党政権なのである。陰謀論ではないから、自民党内に「日本韓国化プロジェクトチーム」のようなものは勿論、存在しない。併し、自民党の黙認・不作為、そしてある時は積極的な推進によって、日本はこれほどまでに「韓国化」してしまったのである。


よく知られる例としては、パチンコ業界の9割ほどが在日企業だと言われている。先述したように、在日企業は殆んど税金を納めていない。バブル期は30兆円産業と言われた業界が、殆んど無税だなどという状況を自民党政権は黙認し、日本企業並みの税金を課そうとはしなかった。パチンコ産業の収益の多くは、韓国や北朝鮮に流れ、北朝鮮の核・ミサイル開発の原資となっている。また、パチンコによるギャンブル依存症患者は、統計に現れるだけでも536万人に上り、総人口の約5%を占め、世界一である。


韓国では、20086月にパチンコ禁止令を出している。国民の為にならないからだ。併し、日本では未だ野放しで禁止されるという噂さえ立たない。国民に悪影響を及ぼすのは明白であるのに日本政府は動かない。自民党の政治家から議員立法もされない。韓国政府が国民の為に禁止したパチンコなら、同じ理由で日本人の為にならないのは明らかである。ギャンブル依存症患者が世界一多い日本で、自民党政権はカジノ導入を推進している。ラスベガスのカジノを仕切るユダヤ人資本家に紛れてアルゼなどの在日パチンコ企業が参入に名乗りを挙げている。


自民党には 自民党遊技業振興議員連盟(パチンコ議連)があるし、超党派の議連としては国際観光産業振興議員連盟(IR議連・カジノ議連)もある。皆、日本の有権者が選出した、日本国民の為に働いて欲しい議員たちであるが、国民の健全さより利権に群がっているのだ。或いは、目先の観光産業振興に目を奪われ、国民の健全化を犠牲にしているとも言える。パチンコ業界からの利権と言えば、政治献金ばかりではない。パチンコ業界は警察官僚の天下り先でもあるから、潰す訳にはいかないのだ。「国民の健全化」より「利権や天下り先を優先」しているのである。


こういう歴代自民党政権の体たらくが、「日本の韓国化」を益々促進しているのである。戦後の日本を牽引してきた歴代自民党政権は、功績も大きいが、一方で、日本国民を裏切り続けてきたのである。何度も書いているが、日本の中学校の歴史教科書には「日本は武力により朝鮮を植民地支配しました」と、韓国の主張通り、虚偽の歴史が記述されている。文部官僚も自民党議員たちからも訂正の必要性も問題提起もされていない。素人には分からない高度な政治判断と言われればそれまでだが、結局蒸し返されそうな「日韓合意」などは、要所は韓国の主張そのままである。


朝鮮人強制連行が如何に大嘘かは「数字という論拠」があるにも関わらず、日本政府は国際社会に向けて毅然と、理路整然と反論してきただろうか? 自民党政権は朝鮮半島に於ける「日本人大虐殺」を無視しているし、「敗戦直後の在日の蛮行」にも何ら必要な対応をとっていない。心ある日本国民は、戦後の朝鮮人の悪事の証拠が残っているうちに整理・保管しておくべきだろう。史実を示す文献はどんどん朝鮮人に買い占められ、ネット記事は在日に削除されたり書き換えられたりして、朝鮮人に都合良く書き変えられつつある。Wikipediaの「朝鮮進駐軍」や「強制連行」の項目は見る度に変更されている。日本国民は、史実を語る記録の保管に貪欲になる必要があるようだ。


最後にこれだけは言っておきたい。保守政党を自称する歴代自民党政権の実態は「親米左派政権」である。然も、国会議員には韓国朝鮮系の日本人成り済ましが大勢いる。民主党(現民進党)は、政権獲得時点で約70%が韓国朝鮮系帰化人で占められていたという。歴代の自民党にも日本人に成り済ましている帰化人は大勢いたし、今も少なからずいる。彼等は今までも、これからも、日本国民を欺いて「日本の韓国化」に努めている。なぜ日本はこれほどまでに「韓国化」するに任せられてきたのであろうか? 半世紀以上も政権与党の座に就いてきた自民党が、在日たちの謀略を見抜き、阻止できなかった筈はない。彼等こそが在日たちを影に日に優遇してきたのである。これは否定のしようが無い事実ではないか?


我が国が、本来の日本に立ち戻る為には、今の自民党の存在は邪魔なだけである。自民党議員の中から成り済ましを見つけ出し、帰化人や背乗りを排斥し、保守を演じる反日左翼を全員追放でもしない限り、「自民党の意図しない日本韓国化計画」は止められない。そして今言った事を具体的に実行するのは、ほぼ不可能である。自民党に取って代わる真性保守政党が出現する兆しがない今の日本は、「精神的絶滅の危機」に瀕している。簡単には信じ難い事だろうが、先ず、日本国民が「日本が意図せずとも計画的に韓国化されつつある」という現実に気づく事が必要である。このまま何もしなければ「大和民族の気高き精神性」の消滅という、実質的「亡国」が待っているだけだろう。部分的に取り繕われた「亡国憲法」と、「本来の主人を失なった領土」だけが残るのである。