戦後教育を受けた日本人の多くは、韓国に「歴史を直視せよ」などと言われると、反論できないような教育しか受けていないから、論理的に反論できずに黙りこくってしまう。そして、内心では「先人が侵略したのだから仕方がない」、「韓国人を怒らせると興奮されるから、怒りが収まるまで黙っていよう」と考え、じっと忍耐する。戦後教育というものは、こういう日本人を量産してきた。日本人は、もういい加減に悪しき『東京裁判史観』を克服して、偽りの贖罪意識から解放されなければならない。その為には、大和民族と朝鮮民族の歴史を学び直す必要がある》


今から2年ほど前、韓国の市民団体「アジアの平和と歴史教育連帯(アジア歴史連帯)」が、日本の検定を通過した中学校社会科(歴史、公民、地理)教科書18種を入手し、歴史研究者と一緒に分析を行なった。


「アジア歴史連帯」は国内外の教科書の歴史歪曲を正す為に活動する韓国の市民団体という事になっているが、実態は韓国人の妄想史観を他国、特に日本に押し付ける事を主な活動内容としている、日本人にとっては甚だ迷惑な団体である。彼等の主張はこうである。「日本のある教科書は『併合後に設置された朝鮮総督府は、植民地政策の一環として、朝鮮の鉄道、灌漑施設を造るなどの開発を行ない、土地調査を実施した。このような近代化によって農地から追い出された農民もいた。その他にも、朝鮮の伝統を無視した複数の同化政策を推進し、日本人に対する朝鮮人の反感は強かった。併し、36年の朝鮮統治で、人口は2倍になり、耕作地も大幅に増加した』としている事が大問題だ」という事らしい。


韓国人の妄想を満足させる「間違い探し」を説明する前に、史実を以って反論しておく。日本の教科書を全部読んだ訳ではないが、もし上述の通りなら、確かに史実に反した部分がある。先ず、「朝鮮総督府が朝鮮の農民を農地から追い出した事実はない。日本人に対する朝鮮人の反発が強かった事実もない。反発が起きたのは日本の敗戦により日本の朝鮮半島統治が終了してからである。また、統治期間は36年間ではなく、35年間である。より正確に言えば35年と半月である。日本の教科書なのだから、韓国政府に阿って36年間と韓国の主張に合わせたのは如何なものか」と思う。更に、当時の朝鮮人の望み通り「併合」して「統治」してあげた史実を、勝手に「植民地政策の一環」などと書くのは間違いである。日本人研究者が書いた文献にも、「植民地」という表現が度々遣われるが、正確には飽くまでも「併合統治」であり、紛らわしいから朝鮮半島については「植民地」という言葉は一掃するべきである。


そして、朝鮮総督府の政策は国家の運営上当たり前の事をしただけである。また、一坪たりとも朝鮮人農民から農地を没収してはいない。記録は正確に読み取るべきである。先ず、土地調査事業は日本人が本国の日本人が納めた血税で、当時の金額で2040万円という大金を投入して、朝鮮人の為の土地調査を1910年(明治43年)~1918年(大正7年)まで、8年もかけて実施したものである。朝鮮総督府の行なった近代法治主義に基づいた土地調査事業が、長年、李朝時代の不備な法整備の下で暮らしていた朝鮮人たちを戸惑わせたのは事実だろうし、朝鮮総督府の政策の総てが完璧であった筈もない。併し、土地調査事業は、前近代的な李朝の土地制度を改め、近代的な土地台帳を無償で朝鮮人に提供したものである。これがどれほど朝鮮半島の近代化に役立ったかは、まともな知性で考えれば理解できない方がおかしい。


また、「多数の農民の小作人化、海外移住の増加を説明しているが、土地調査事業が近代化の為のものである事を述べ、植民地近代化論を示している」、「2005年以降、日本政府は韓国と中共の歴史歪曲是正要求を巧みに回避しながらも、自分たちの立場を教科書に表わしている」としている。


この表現についても正確を期しておきたい。先ず、「海外移住の増加」であるが、日韓併合中に朝鮮半島の人口は、1,700万人から3,000万人に増加している。内、海外移住者は約300万人であるが、正確には日本の強い影響下にあった満州などへの出稼ぎ者がそのまま現地に住み着いたり、現在の中共の朝鮮族居住地に自由に移住したもので、まるで朝鮮総督府の統治から逃れて行ったような誤解を招く表現は避けるべきだ。当時の文献を読むと、統治以前の朝鮮人は支那人などから、かなり蔑視されていたが、晴れて日本国民となった朝鮮人は、今度は逆に支那人を下に見て酷く差別して悦に入っていた様子が描かれている。朝鮮人は大日本帝国国民という威を借りて威張り散らしていた。海外移住者の増加の本質的理由がそこにあった。


「百済のお陰で発展しながら、その事実を隠している。朝鮮通信使節団の教えと交流の事実も大きく語っていない。韓国が学問や文化の師だったにも関わらず、恩知らずにも侵略までしておいて、今度は日本のお陰で韓国が独立したと言うのか」については、おそらく永遠に平行線であろう。先ず、日韓併合は「侵略」ではない。大韓帝国皇帝が日本の天皇陛下に「統治をお願い」して、天皇陛下がそれを「了承」した歴史的資料を読み直して貰いたい。また、この文脈では「百済」=「韓国」という事になるが、史実に不誠実過ぎる願望でしかない。『旧唐書東夷伝』に「百済滅亡時に、百済の種が絶滅した」という記述がある。従って、百済人と現在の韓国人は無関係である。


勿論、「百済人が貧民に至るまで一人残らず新羅人に殺された」か、という疑問は残る。様々な資料を見ても、新羅人が百済人を全滅させなければならない理由が見つからない。おそらく若い女性は性奴隷のような形で、男性のうち極少数は奴隷として残した可能性まで否定はできない。とは言え「百済の種が絶滅した」事を否定する証拠は見つかっていない。「百済滅亡後、新羅支配下の過酷な迫害の中で、多くの百済人が衰退・減少していき、一部は新羅人に同化され、民族としての血縁・文化・伝統・言語は消滅して行った」と考えるのが妥当だろう。何れにせよ、百済人と現在の韓国人を結び付ける証拠は何も無く、無関係である証拠が歴然と存在するのだから、日本が支那の文物を百済経由で取り入れた事があったとしても、「朝鮮(=韓国)が日本の師であった」などというのは韓国人の願望による妄想でしかない。


韓国人は「百済時代に仏教を日本に伝えた」とよく主張する。併し、仏教は百済の文化でも朝鮮の文化でもなく、インドで生まれた文化であり、百済には支那(東晋)経由で伝わっていたに過ぎない。仏教の伝来は、日本へは6世紀に、百済の聖明王から欽明天皇に仏教を伝来させたとされている。併し、6世紀の百済は倭国の属領だったので、百済王は天皇の手下に過ぎなかったのだから「百済が日本に文化を教えた」というのは間違いである。実態は「日本の支配下にあった百済の聖明王は、インド発祥で支那経由で百済にも伝わっていた仏教について、欽明天皇にお伝え申し上げた」のである。


然も、その後朝鮮半島では、新羅が支那(唐)に百済を滅ぼして貰い、李氏朝鮮時代になると、仏教をも滅ぼそうとして廃仏棄釈運動まで起こした。韓国に価値ある寺や仏像が少ないのも、これに由来する。「百済時代は朝鮮が日本に仏教を伝えた」という意味を、「朝鮮が日本の師であった」と解釈するのは間違いである。何度も書くが、百済と韓国(朝鮮)は全くの無関係である事が歴史的に立証されている。


「清国から独立させたというような議論があるが、清国は韓国を属国にはしたが、合併まではしなかった。ある程度の自治権を認めてくれたが、日本は完全に朝鮮民族をなくし、日本人にしようとした。日本のやった事の方が酷い」これも、日本の統治を経てそこそこ近代化した朝鮮民族が、過去を振り返って「原始人同然だった自分たちを恥ずかしく思った」という後付けの理屈でしかない。何度も書くが、「併合」は朝鮮人の希望を叶えて、当時の大日本帝国が大損を覚悟で受け入れたものである。併合の成立は、朝鮮民族の国家が消滅する事を当時の朝鮮の皇帝も李完用を始めとした政府高官も、皆、理解していた事である。日本に近代化されながら、後になって恨み言をいう行為こそ「恩知らず」である。


663年、倭国は「白村江の戦い」で、唐・新羅の連合軍に敗れ、朝鮮半島に有していた勢力圏を失なった。百済王族は日本列島に亡命し、それ以降は大和朝廷の配下となった。桓武天皇の在位期間(781806年)に、桓武天皇の命令を受けた百済王の子孫たちは、陸奥(東北地方)の征服を何度も試みたが大惨敗を繰り返した。結局、百済王の子孫たちは大惨敗を繰り返しただけで、陸奥の征服に成功したのは日本人の坂上田村麻呂だった。


次に「朝鮮通信使節団の教えと交流の事実も大きく語っていない。」という主張は、朝鮮人の「願望通りに書いてくれていない」という不満である。朝鮮通信使節団は日本に何かを教えに来たかの様な表現だが、真実はその逆であり、朝鮮通信使が日本に様々な文物を教わりに来たのである。平安時代も、鎌倉時代も、室町時代も、江戸時代も、朝鮮の技術水準や文化水準が日本より高かった事は一度たりとも無かった。水車に至っては、朝鮮人が1429年に日本に来た時から約500年かけても実用化できなかった。それほど朝鮮の文化文明は日本には遠く及ばなかった。時代と共に、支那の優れた技術を取り入れ、それを日本流に昇華させ、日本の独自の伝統もどんどん洗練していったが、朝鮮半島の歴史は原始時代同然の状態で停滞していた。


日本を訪れた通信使たちは、日本で何を学んで帰国していたのであろうか。室町時代前期の1429年、日本にきた朴端生は、次のように復命していた。それによると「日本の農人水車の設けあり」として、学生の金慎に「造車の法」を精査させて模型を作り、鍍銀(銀めっき)、造紙(紙漉)、朱紅、軽粉等の製造法を日本から学んで報告している。この時の復命では、日本の貨幣経済の実態や朝鮮には無かった店舗商業の発展等にも及んだが、その中で技術に言及していたのは、渡航前に世宗から「倭紙堅靱、造作の法また宜しく伝習すべし」と、日本の製紙技術を導入するよう命じられていた。現代のフランスやイタリアなどでは、絵画修復に日本の和紙が欠かせないが、韓国はそれが面白くないらしく、しきりに韓国伝統の韓紙(ハンジ)の方が和紙より優れていると売り込んでいるが、世宗の時代に「倭紙堅靱、造作の法また宜しく伝習すべし」との命を受けて日本に学びに来ていた史実を誠実に学び直すべきだ。


また、日本では、朴端生が日本を訪れる百年以上も前に、水車を利用して離宮に川の水を汲み上げた話が『徒然草』(第五十一段)に記されている。その水車が農民たちの手で取り付けられていた事を考えると、当時、日本と朝鮮の間には相当の技術格差があった事が分かる。従って、韓国の歴史教科書にあるように「技術を学ぶのに苦労していた」のは、日本ではなく寧ろ朝鮮の方であったのである。この現実は後世、実学者と呼ばれた人々が日本や清との技術的格差を深刻に捉え、その導入方法に苦慮していた事でも明らかなように、近世に入っても変わりがなかった。 

(『日韓・歴史克服への道』下條正男 著)


朝鮮人が水車の技術を導入しようと苦慮していた事に関しては、1880年代になっても金弘集が「朝鮮には灌漑設備がない。水車もない」と未開性を嘆いていた。つまり、朝鮮人は、朴端生が1429年に日本に来た後、500年近くかけても水車を実用化できなかったという事だ。江戸時代には、朝鮮通信使の求めに応じて、日本人が水車の造り方を丁寧に教え、図面まで渡してあげたという記録がある。朝鮮通信使の立場を端的に表す例として、彼等は江戸城に入る時に、正門からの入場は許されず、専ら裏門から入場させられていた。これも当時の文献に明記されており、朝鮮通信使たちへの日本側の扱いがよく分かる。


以下に、第11次朝鮮通信使節(17631764)の一員だった金仁謙の日本紀行文「日東壮遊歌」を引用する。(東洋文庫)より抜粋 


1.大阪を見ての驚き 

「三神山の金闕銀台とは 真この地の事であろう。人家が塀や軒を連ね、その賑わいの程は我が国の錘絽(ソウルの繁華街)の万倍も上である。北京を見たという訳官が一行に加わっているが、かの中原(支那の中心部)の壮麗さもこの地には及ばない。」 


2.名古屋を見ての驚き 

「山川広闊にして、人口の多さ、田地の肥沃、家々の贅沢な造り、遠路随一といえる。中原にも見当たらないであろう。朝鮮の三京も大層立派であるが、この地に比べれば寂しい限りである。」 


3.江戸を見ての驚き 

「楼閣屋敷の贅沢な造り、人々の賑わい、男女の華やかさ、城郭の整然たる様子、橋や船に至るまで大阪、西京(京都)より三倍は勝って見える。」 


4.京都を見ての驚き

「惜しんで余りある事は、この豊かな金城湯池が倭人の所有するところとなり、帝だ皇だと称し、子々孫々に伝えられている事である。」


朝鮮には、20世紀の日韓併合まで、〈針も、樽も、車も、色の付いた衣服も無かった〉。朝鮮で〈針、樽、車 及び、色の付いた衣服〉ができるようになったのは、〈全て日韓併合の後〉である。


韓国は最近、支那ご自慢の「中国四千年の歴史」に対抗して、「韓国半万年の歴史」などと言い出し始めたが、支那も朝鮮も民族の連続性を欠いている。従って、四千年も半万年も偽りである。朝鮮民族は辺境を超え他国を支配した事も無く、海外に文物を広めた事も無く、社会の改革を試みた事も無い。民族国家の威勢を誇示した事も無く、特有の産業と文化で自主性を発揮した事も無い。朝鮮半島は、常に強大国に圧され、盲目的に外来文化に同化したりしただけで、原始的な社会の枠組みから一度も出た事が無かった。


韓国人はよくハングルの発明を誇らしく語るが、朝鮮半島に現存する最古の歴史書、『三国史記』は、高麗17代仁宗の命を受けて金富軾らが作成した、三国時代(新羅・高句麗・百済)から統一新羅末期までを対象とする紀伝体の漢文の歴史書である。当時ハングルは未だ生まれていなかった。『三国史記』は、1143年執筆開始、1145年完成、全50巻である。ハングルは当時の大陸の覇者モンゴルが朝鮮半島に遺していったパクパ(パスパ)文字を真似て15世紀頃つくられたものである。因みに、朝鮮の建国神話である「檀君神話」がつくられたのは13世紀頃である事が分かっている。半万年の歴史には程遠い。


1876年、日朝修好条規締結の為に訪れた日本人学者が「こんなに便利な表音文字を埋もれさせておくのは勿体無い」と、散逸していたハングルを発見し、体系化して朝鮮人に教育してあげた。併し、漢文を読み熟(こな)したり、科挙制度に合格する事に優越感を持っていた両班たちは、せっかく日本人が整え、教育してあげたハングルを放置して、またも埋もれさせてしまった。


日韓併合時、朝鮮の識字率は4%であったという。当時は、一部の王族・貴族・両班が漢文を理解していただけであったから、そういう極一部の支配層の漢字の識字率が、朝鮮半島全域の識字率4%に現れている。一般的に朝鮮の身分制度は、両班・中人・常人・賤人の4つに大別されていた。賤人の中には奴婢・白丁などの奴隷が含まれる。奴婢の「奴」は男、「婢」は女の奴隷を意味する。白丁は奴婢より下の最下層の奴隷である。ソフトバンクの孫正義氏のご先祖は白丁であったと言われている。両班以外の中人・常人・賤人の識字率は0%であった。


朝鮮半島には学校というものが一つも無かったから、100%無学文盲の一般の朝鮮人に、埋もれ、散逸していたハングルを再度、発見し体系化して教えたのは、またしても日本人であった。「日帝は朝鮮人から言葉までも奪った」などと韓国人はいうが、奪ったどころか二度も埋もれ忘れ去られていたハングルを体系化し直して日本人が朝鮮人に与えたのである。そして、ハングルと日本語が併用された教科書を使用して、総ての朝鮮人を対象に教育を施した。その日本人の努力の甲斐あって、日本が大東亜戦争に惨敗して日韓併合が解かれた時には、朝鮮の識字率は0%から64%にまで上がっていた。日本は、両班の為の私塾が数校しか無かった朝鮮に、数千校の学校をつくり、身分制度を廃止して、総ての朝鮮人に等しく教育の機会を与えたのである。


これの、どこをどう解釈したら、日本が韓国のお陰で発展できたというのであろうか? 韓国朝鮮人は歴史に正しく向き合い、謙虚に史実を受け容れるべきである。例え暗澹たる歴史であっても、歴史を直視しない民族に未来は無い。本当に、いつまでも願望による「妄想史観」に囚われていては朝鮮民族は誰からも相手にされなくなってしまう。世界情勢は今、大転換点に在り、朝鮮半島も激動の時代を迎えようとしている。北朝鮮の冒険主義に世界が警戒している中で、ただ一国、韓国だけが北朝鮮に対する警戒心を解いている。韓国にとっては北朝鮮より日本の方が憎むべき敵国なのである。同じ民族だからであろうが、朝鮮戦争以来、最も緊迫した朝鮮半島情勢の中で、対北不感症の韓国は親北反米反日の文在寅氏が大統領に選出された。韓国は自ら北朝鮮に飲み込まれる道を選んだのだ。中共と米国の思惑次第では、韓国消滅の日は近い。


以上、韓国の「アジア歴史連帯」の言い分は、2015525日付けのRecord China より引用した。